映画【南瓜とマヨネーズ】感想(ネタバレ)

Pumpkin and Mayonnaise
スポンサーリンク

●こんなお話

 主人公とその彼氏のつかず離れずな話。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公が全く売れないミュージシャンの彼氏を養うためにキャバクラでバイトを始めて、そこで出会ったおじさんと愛人になってお金を稼いだことが彼氏さんが知ったことから、彼氏が働き始めたあたりから関係性が崩れていって…。 

 これぞ日本映画という自然なお芝居で全編突き進む映画で喚き散らしたり説明台詞でくどくど進むとかないのが好感度の高い映画でした。 

 主人公が昔気持ちを入れていた男性が登場して、その人のところに気持ちが動き始めて彼氏との関係が離れていって。 

 正直、男と女がくっついた離れたをのんびりと描いているだけの小さい話で好みではないですが、90分という長さもちょうどよくて飽きずに見ることのできる映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2018/12/28 DVD

監督冨永昌敬 
脚本冨永昌敬 
原作魚喃キリコ
出演臼田あさ美 
太賀 
浅香航大 
若葉竜也 
光石研 
オダギリジョー 

コメント

タイトルとURLをコピーしました