映画【エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE】感想

DVDorBD

●こんなお話

 犯人逮捕より犯人殺害を目的とする特殊部隊出身の主人公が出世してブラジルの政治とかの腐敗に立ち向かっていく話。

●感想

 前作の主人公の隊長さんが出世して偉くなって、前作の新人は特殊部隊の凄腕となっている。ギャングたちを壊滅するけど、警官たちはギャングから裏金もらっててギャングいなくなっちって金が回ってこないっつう腐敗っぷりが凄いです。警察がギャングみたいにバンバン人を殺していく。
 主人公と意見が真逆の市民運動家であり政治家になる男は自分の元奥さんと結婚してたり複雑な関係。ぐったりな主人公を更にシステムの腐敗が襲い掛かってきてどんどん追い込まれていく。

 ドキュメンタリーを見てるかのような細かいカットで進むのと話もエンタメとして希望のあるもですが、基本人間の欲望渦巻く世界で見ててグッタリしました。
 アクションシーンの迫力はこのシリーズはさすがで、市街地で重低音が響く銃撃戦を繰り広げて人間が簡単に死んでいくのが怖かったです。

 そして予想を裏切る展開がいくつもあって、しかも仰々しく描いたりせず死んじゃう人もあっけなく描かれていくのが残酷でした。台詞とかあってもよさそうなのに簡単に退場していきます。

 誰も信用できずにその体制を変える大変さって相当だな、と勉強になる映画で面白かったです。

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/11/03 DVD

監督ジョゼ・パジーリャ 
脚本ジョゼ・パジーリャ 
ロドリゴ・ピメンタル
出演ヴァグネル・モーラ 
セウ・ジョルジュ 
タイナ・ミュラー 
アンドレ・ラミロ 
0
タイトルとURLをコピーしました