映画【トランスフォーマー リベンジ】感想

Transformers: Revenge of the FallenDVDorBlu-ray
スポンサーリンク

●こんなお話

 前作でキーとなっていたキューブのかけらを巡って、また悪いエイリアンが主人公を襲撃してくる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 冒頭で上海で前作のカタキ役の残党を始末していく主人公たちの活躍からド派手で情報統制して封鎖していたのに、簡単にカタキ役に突破されて一般人を巻き込んでの高速道路みたいなところでのチェイスからド派手で楽しいです。

 前作で味方のエイリアンを復活させたキューブという欠片をまだ主人公が持っていて、それに触れたらいろんなイメージが頭から離れなくなる。そしたら、悪いエイリアンもそれを察知して主人公の脳内のイメージを奪おうと襲撃してくるという。普通に大学生活に紛れ込んで主人公を誘惑してくるエイリアンがいて、もはやターミネーターのようになって車とか機械にトランスフォームできるだけでなく、人間に変化できるのかと驚きのエイリアンでした。

 見せ場はひたすらCGのエイリアンのプロレスとその間を本物の爆発がどっかんどっかんと起こっていっていろんなものが破壊されるのを愛でる作品だと思いますが、カメラが動きまくるし、画面内のキャラクターみんなが動き回るので、どっちがどっちかわかりにくくなっているのは相変わらずのシリーズでした。青い目と赤い目で敵味方を何とか区別しますが、パーツが砕け散ったりしてものすごい情報量なので脳みそが疲れる150分でした。

 登場人物たちのハイテンションお芝居が前作よりボルテージが上がっていて、もはや薬でどうかしちちゃってるのではないかという怒鳴りあいのお芝居にも画面も激しいし、役者さんたちのテンションも激しいので見ていて疲れる原因の要素だったと思います。

 話は悪いエイリアンが太陽を爆発させようとするために太古の昔にエイリアン同士の争いで中東のどこかに隠したマトリックスなるものを主人公とカタキ役たちで探して奪い合うという。古代の文字を解読しようとスミソニアン博物館行ったりエジプトに飛んだり忙しかったです。アドベンチャー要素が強まっていますが、あまり宝探しの面白さもガチャガチャした映像とハイテンションお芝居のため何をしているのかよくわからなくなっていきました。

 とはいえ、クライマックスは中盤で死んじゃった味方のエイリアンのボスを蘇らせるために敵味方で戦って、アメリカ軍の兵器とかいっぱい出てきてそういったものが好きな人にはたまらない描写の連続のアクションシーンだと思いました。

 敵味方のボス同士の戦いも前作同様、普通にぶん殴りあって普通に決着ついて終わりというのも150分もの長い時間戦ってきた割にはあっさり風味なのも残念な終わり方の映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2009/09/20 Blu-ray 2021/04/27 NETFLIX

監督マイケル・ベイ 
脚本アーレン・クルーガー 
ロベルト・オーチー 
アレックス・カーツマン 
製作総指揮スティーブン・スピルバーグ 
出演シャイア・ラブーフ 
ミーガン・フォックス 
レイン・ウィルソン 
ジョシュ・デュアメル 
ジョン・タトゥーロ 
イザベル・ルーカス 
タイリース・ギブソン 
タイトルとURLをコピーしました