映画【トランスフォーマー】感想(ネタバレ)

transformers
スポンサーリンク

●こんなお話

 はるか昔に地球に墜落してきたロボット型エイリアンの良いもんと悪いもんがエネルギー源のキューブというものを巡って戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 これでもかという迫力ある変形するロボットたちの戦い、バトルシーンの一点突破の映画で目まぐるしい映画で凄いことになってました。ガチャガチャとすべての部品が動いて車から人型に変形していくのとか無条件に盛り上がる映像なども多いです。
 登場人物たちもモテない学生さんやエロいヒロインに軍人さんたち、ハッカーたち。キューブというものを巡って動き回りますが、これまたごちゃごちゃしていて誰が主人公なのかもわからなくなっていくという。

 最初はカタールの米軍基地で謎のロボットに襲撃されて全滅に近いダメージを追う米軍と生き残った数人の軍事さんたちの様子。学生さんが車が欲しくて彼女が欲しくてとさえない学生生活の様子、さらにたまたま購入した車がどうやら意志を持っていて動き回って、さあ大変とか。天才ハッカーたちがハッキングしてくる異星人たちの手がかりを探っていく。とか同時進行的に展開していって、それぞれに見せ場があってド派手だし圧倒されていきます。

 主人公と相棒的になる異星人が正体を現して、主人公の祖先が北極の冒険で偶然眼鏡に座標が…という展開になって、悪い異星人が球体を手にすると車とかもろもろが異星人になって人類を絶滅させるってんで、何とかしようとなる。ここから今までの登場人物たちが集合して1つの目的に向かって頑張り始めますが、そこに至るまでのボリュームが凄いため。だんだん何しているのかわからなくなってくる頭がクラクラしていく構成でした。

 ハッカーがデータを盗んで知り合いのハッカーの家に行ってデータを解析する、というだけのくだりで、テレビゲームをして怒鳴りあったり。FBIが突入して大騒ぎして捕まる。とか長いです。主人公が味方の異星人たちと知り合って重要なパーツの眼鏡を探してから、アメリカの秘密組織に捕まってしまってそこに異星人たちが主人公を助けてまた行こうとしたら、また秘密組織の攻撃で相棒の異星人が捕まってと、ここまで行ったり来たりする必要ある? という展開が多かったです。

 秘密のダムで異星人が氷漬けになっていたら、簡単に敵に潜入されて悪いほうの異星人が解凍されて大変になっちゃったりするのとか脱力する展開でした。その後、同じ場所にあるキューブを手で持てるくらいの小ささになってどこかに隠そうとなって、なぜか「近くの町だ」と移動して、そこで敵の襲撃を受けるとかも一般人巻き添えの行動をとる主人公たち。めちゃくちゃ迷惑の行動をしていました。

 とはいえ、街での巨大ロボット同士のぶん殴り合いとか明るい映像の中でキャラクターが怒鳴りあいながら爆音が響きまくるのとか、見ていてどんどんハイになっていくある意味ドラッグ描写として楽しみました。

 ただ敵のボスの倒し方もなんで敵の胸にキューブを掲げると倒せちゃうのとかとかよくわからないまま戦闘が終わっていくのとかカタルシスが少なめなのが残念でした。 

 とはいえ、美人さんとかかっこいい兵器とか車とかてんこ盛りの映画で楽しかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2014/04/05 Blu-ray 2021/04/27 NETFLIX

監督マイケル・ベイ 
脚本ロベルト・オーチー 
アレックス・カーツマン 
出演シャイア・ラブーフ 
タイリース・ギブソン 
ジョシュ・デュアメル 
アンソニー・アンダーソン 
レイチェル・テイラー 
ミーガン・フォックス 
ジョン・タトゥーロ 
ジョン・ヴォイト 
タイトルとURLをコピーしました