映画【日本統一】感想

touitsuNetflix
スポンサーリンク

●こんなお話

 横浜のチンピラがヤクザと揉め事を起こして大阪へ行って、そこでもヤクザと揉めてとうとう対立して追い込まれる話。

●感想

 何も考えず無軌道でバイオレンスな若者が一定のルールを守るヤクザたちを相手にして、横浜でヤクザを壊滅させたので報復を恐れて大阪へ逃げる。そこでもヤクザ相手に大暴れして、しだいに相手を本気にさせて追い詰められていく。ヤクザ映画の王道の設定でジャンル映画としての一定の面白さがある作品でした。

 周りの大物ヤクザを演じる役者さんたちが大物なのも見どころでした。千葉真一さんの肌の黒さに驚きました。

 冷静な主人公と後先考えず暴力に訴える主人公の2人のタッグで、バイオレンスな主人公がヤクザたち暴力で対決していって、更には案の定クスリを扱ってはいけないと言っているのに勝手にクスリを商売にして揉めたり。

 なんやかんやでヤクザが攻勢が来て、主人公の子分たちが暴力を受けて主人公1人で詫びを入れに行こうとして、バイオレンスな主人公が1人でヤクザと銃撃戦して大立ち回りするけれど。結局、そのヤクザの下部組織となる。

 ただVシネマの予算や技術の問題なのか、単純に明らかに殴っていないのにボコ! とか音が聞こえたり。拳銃が明らかにおもちゃだったり、周囲の喧騒が騒がしくて単純に台詞が聞き取れなかったりと入り込めないところもありました。

☆☆

鑑賞日:2021/09/25 NETFLIX

監督山本芳久 
脚本辻裕之 
山本芳久 
原案山本ほうゆう 
出演本宮泰風 
山口祥行 
小沢仁志 
誠直也 
古井榮一 
岡崎二朗 
川村亜紀 
勝矢 
愛甲猛 
ハチミツ二郎 
白竜 
哀川翔 
梅宮辰夫 
千葉真一 
タイトルとURLをコピーしました