ドラマ【ウォーキング・デッド シーズン4】感想

Hulu

●こんなお話

 刑務所で安定したかと思いきや総督との対立が深まったり、みんなバラバラになってのそれぞれの過ごし方や終着駅なるところを目指すシーズン。

●感想

 ゾンビもののというのはあくまで背景で、そこで描かれるのは人間の本質が描かれているドラマで最高に面白い葛藤の連続でした。

 刑務所で何とかやり過ごすリック一行。インフルエンザが流行って大変とかの問題が発生して、それに対応するけどしだいに悪化していく状況。そこを見つけるガバナー。ガバナーの暴走。そして崩壊。
 崩壊してからのリック一行のサバイバルが1番の見もので、そこで繰り広げられるそれぞれの本音の吐露と成長。キャロルはタイリースと子どもたちと逃げてその子どもの1人がサイコパスなのではないかとまたタイリースの大事な人に手をかけたのは…と告白したり。ダリルとべスはサバイバル術を教えながら生活するけれど、べスは誰かにさらわれて…。グレンは総督たちと一緒にいたタラという女性と行動を共にしてマギーを探す、そこにワシントンを目指すというエイブラハム、ロジータ、ユジーンが合流。マギーはサシャとボブと行動してグレンを探す。リックはカールと行動しながら親子の絆を深めつつミショーンと合流、ミショーンも平和だった時代を回想しつつそれをカールに話す。そこに荒くれ者集団に襲われて逃げるけれど、その荒くれ者集団にダリルが合流してなどなど。バラバラだった仲間が集まっていくのが後半でした。

 後半はバラバラになってそれぞれの深堀エピソードなのでテンポが失われてしまっていて飽きてしまいそうですが、キャラクターの面白さ愛着がシーズン4まで来るとあるので面白さが維持されていると思いました。

 ゾンビ物アクション物としても毎回いろんな障害があってよかったです。終着駅を目指した一行がその後どうなるのか、早く見たいシリーズでした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2014/10/13 Hulu 2021/01/16 NETFLIX

原作ロバート・カークマン
製作スコット・M・ギンプル
ゲイル・アン・ハード
出演アンドリュー・リンカーン
ノーマン・リーダス
スティーヴン・ユァン
チャンドラー・リッグス
メリッサ・マクブライド
0
タイトルとURLをコピーしました