映画【トゥモロー・ウォー】感想

The Tomorrow War Amazonプライム

●こんなお話

 未来人から人類絶滅の危機の戦争してるってんで、現代人が未来の戦争に殴り込みに行く話。

●感想

 未来人が現れて「もう人類が絶滅寸前だからパイセンたち助けてください」ということで主人公も自薦で戦争へ行く。このとき敵についての詳細はあえて教えてくれないというのとかも笑えてよかったです。

 そして本筋の未来へとタイムスリップしてからの戦いはハリウッド映画の大作らしくド派手でミリタリーSFアクションとして満足度高い映画でよかったです。激しい銃撃戦や爆破の連続で楽しいです。

 あまりエイリアンの造形に新鮮さがそれほど感じなかったり、あとはエイリアンとの戦いになってからはそれほど新鮮さのあるストーリー展開でエイリアンとのファーストコンタクト、そこでのエイリアンの恐ろしさの紹介、毒を探すために敵を捕らえて作ったりというのを派手な見せ場で見せてマンネリズムの面白さはありますが。数多く作らているジャンル映画との違いはそれほど感じられなかったです。

 それに三幕目からは主人公たちがもう地球にいる異星人がいるというロシアへ数名で潜入して…という流れが無茶苦茶度が上がって簡単にロシアの氷河へ飛行機でいっちゃって、そこでの戦闘。という。映像は迫力あっていいですが、数人で映像ではたくさんいる異星人たちに撃ちまくって、いきなり他人の娘のためにと自己犠牲の精神を発揮して自爆していく仲間たちも興ざめですし、そこからエイリアンとの戦闘を通して主人公と主人公の父親の親子ものになって、たった2人でメスと戦うのとかも気持ち的に盛り上がらなかったです。ただ映像としては迫力あってハラハラドキドキして見れました。ナイフとかピッケルとかで倒せるのだったら、もっと簡単に倒せるのではないかとも思ったり。そしてもう仲間が1人いたはずですが、彼が消えてしまうのも残念でした。

 とはいえ、主人公夫婦が簡単にエイリアンの発生場所の推測を急にしたり、白頭山大噴火がきっかけというのを学生さんが急に解説を始めたりと身近な人たちが地球を救う人たちで固められていて、やっぱり人との出会いって大事なんだと勉強になる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/07/04 Amaoznプライム・ビデオ

監督クリス・マッケイ
脚本ザック・ディーン
出演クリス・プラット
イヴォンヌ・ストラホフスキー
ベティ・ギルピン
メアリー・リン・ライスカブ
セイチェル・ガブリエル
サム・リチャードソン
エドウィン・ホッジ
J・K・シモンズ
タイトルとURLをコピーしました