映画【遊星からの物体X ファーストコンタクト】感想(ネタバレ)

The Thing (2011)
スポンサーリンク

●こんなお話

 南極で謎の生き物みたいなのを発見して喜んでいたら恐怖体験する人たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 南極で氷漬けの太古の昔の生物かエイリアンみたいなのが見つかって、調査をしていく。

 その氷漬けの生物がドカーンと飛び出してさあ大変となり、火炎放射器で退治してその生物を見てみると人間の細胞を取り込んで擬態しているらしいことがわかって「犯人はこの中にいる」的な誰が紛れ込んでいるのかという面白さ。そしてキモいクリーチャーのデザインもよくて、特に開始70分過ぎくらいにあるパニックで次から次に同化されちゃうところとかはこの映画1番の見どころだったと思います。やられる人がかわいそうなショッキングシーンでした。

 ただこの誰が犯人なのかという面白さは無機物は擬態できないということで歯に詰め物があるかどうかというので見分けるという面白さはありましたが、それくらいであとは勝手に生物の方から正体を現れてくれるので疑心暗鬼な面白さみたいなものはなかったです。

 人間と同じ姿になって疑心暗鬼になって、誰も信用できない恐怖というのがカーペンター版にあったのに。今作は、隊員同士の疑心暗鬼が薄らいで相手から攻撃してきてドタバタする、という流れなので、あまり恐怖を感じることができなかったです。ひげのおじさんばかりなのも見た目が同じに見えて誰が誰やら状態でした。

 そして後半のパニックになってからは1人ずつ逃げて隠れて息を潜めての繰り返しで、気づいたら何人か消えていて宇宙船みたいなところに行って追いかけっこがあってとかも見せ場としては単調に感じてしまうのが残念でした。

 とはいえ、最後の最後にオリジナルの音楽が使われてカーペンター版のオープニングにつながるという終わり方はテンションが上がるものでよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2013/01/09 Blu-ray 2015/01/30 Hulu 2022/02/18 DVD

監督マティス・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr 
脚本エリック・ハイセラー 
原作ジョン・W・キャンベル・Jr 
出演メアリー・エリザベス・ウィンステッド 
ジョエル・エドガートン 
アドウェール・アキノエ=アグバエ 
ウルリク・トムセン 
エリック・クリスチャン・オルセン 
トロンド・エスペン・セイム 
タイトルとURLをコピーしました