映画【アウトポスト】感想

The Outpost☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 アフガニスタンの前哨基地での米軍とタリバンとの戦いの話。

●感想

 映画ならではのその場にいるかのような戦闘シーンはド迫力で凄かったです。実際に戦った兵隊さんのこと記憶して鎮魂の意味もある映画だと思いました。

 日常シーンと唐突に襲ってくる銃弾や死という対比とかも前半から中盤までの展開がいつ緊張感高まるのとかがわからないのも面白く見ることができました。特に司令官が3回も交代するのとかは意外でした。

 ただいかんせんお話の構成としてクライマックスの多勢に無勢の戦いまで、登場人物たちの日常が結構長いこと描かれ、しかも全員にテロップが一瞬出て似たような顔で誰が誰だかの状態になってしまって、更にはナイトシーンに至っては何が映っているのかわからないくらい真っ暗で何が起こってるのかもわからない単純に視覚的に見えなくて入り込めなかったです。大きく黄色い字で場所の説明が入ったりするのも、前哨基地の広さや土地勘を取り入れる要素にもなっていなくてただの情報だけになっていました。そして肝心のクライマックスも襲ってくるタリバンがどこにいて何人いてどう襲撃しているのかとかわからず、ひたすら米兵目線で撃つアクションしかほとんどないのでアクション映画としてもわかりにくく、どこまで防げばいいのか残りの弾丸はどのくらいなのだろうか、味方は何人、敵は何人いるとか。どこまで行って何をすれば勝ちなのか負けなのかとかロジック的な面白さがないので盛り上がらない長い時間が過ぎていって退屈でした。

 エンドロールの実際の軍人さんたちが語るのが1番心に響く映画でした。

☆☆

鑑賞日:2021/03/24 川崎チネチッタ

監督ロッド・ルーリー 
脚本エリック・ジョンソン 
ポール・タマシー 
原作ジェイク・タッパー 
出演スコット・イーストウッド 
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 
オーランド・ブルーム 
ジャック・ケシー 
マイロ・ギブソン 
タイトルとURLをコピーしました