映画【アメリカン・スリープオーバー】感想

Netflix

●こんなお話

 アメリカのティーンがお泊り会をする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 スリープオーバーなるお泊り会のアメリカの若者の一大イベントがあるんだという文化を知る意味で興味深く見ることができました。プールで気になったメンズに会いたい女子や双子の女の子が自分に興味があると知って探し回るメンズやスーパーですれ違って好意を持ったメンズとか同時進行にいろんな話が進む群像劇で映像も綺麗でよかったです。 

 ただいかんせんファーストカットからラストまで淡々としている作風で個人的好みの問題でなかなか集中できない作品でした。それに多数の役者さんが出てきて無名のやっく者さんなので名前と顔を一致させるのが大変なのも物語に入り込めない要素の1つだったと思いました。 

 90分ほどの短い映画ですが、日常があってプロットポイントがあってクライマックスに向かって盛り上がっていくという基本的なエンタメ映画が好きな人間からすると、ただダラダラと会話しているだけで長く感じる作風が辛かった映画でした。 

☆☆

鑑賞日: 2018/04/17 NETFLIX

監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル 
脚本デヴィッド・ロバート・ミッチェル 
出演クレア・スロマ 
ジェイド・ラムジー 
ニキタ・ラムジー 
マーロン・モートン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました