映画【MEG ザ・モンスター】感想

☆☆☆

●こんなお話

 ジェイソン・ステイサムVS巨大ザメの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 もしもジェイソン・ステイサムと巨大サメが戦ったら? という設定のみが見所で元水泳選手であるジェイソン・ステイサムの泳ぎ姿を愛でる映画でした。数多く作られているサメ映画のジャンルとしての一定の水準の面白さも担保されていました。

 ただ舞台が深海だったり水上基地だったり海上だったりビーチだったりと思考を凝らしてはいると思いますが、世話しなくて落ち着かないし。元妻を助けに来たはずの主人公がなぜか中国ヒロインとその子どもといい感じなるというくだりとかもこの手のジャンル映画では普通に退屈なだけだと思いました。110分を90分で見たかったです。それに仲間が次から次に殺されていくのに、やりとりは軽くコメディタッチなので緊迫感はそれほどなかったのが残念でした。

 とはいえ、中国のイモ洗い型のビーチが襲われるというのはフレッシュで新鮮だと思いました。サメが泳げるというどんだけ水深の深いビーチなんだというビーチでした。

 そしてイーストウッド作品常連のトム・スターンさんが撮影というのが1番驚く映画でした。

☆☆☆

観賞日:2019/06/18 NETFILX  2018/09/07 TOHOシネマズ川崎

監督ジョン・タートルトーブ 
脚本ディーン・ジョーガリス 
ジョン・ホーバー 
エリック・ホーバー 
撮影トム・スターン 
出演ジェイソン・ステイサム 
リー・ビンビン 
クリフ・カーティス 
マシ・オカ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました