映画【メカニック(2011)】感想

The Mechanic DVDorBD

●こんなお話

 証拠を残さない殺し屋がルーキーを育てつつ陰謀に巻き込まれる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 オープニングでの主人公の殺しのシーンに始まり、証拠を残さず。正体もばれずに暗殺するという手際のよさがカッコよく期待高まるスタートでした。

 そして、古くからの友人が標的となり悩みながらも実行して。更にその息子を殺し屋として育てることになります。
 そこから、殺し屋を育てるというシークエンスがあって。これがなかなか面白かったです。殺しのイロハをテンポよく見せてくれました。

 ただ、90分しかないためか。弟子が育つのが物凄い早かったり、この弟子がミスばかりして銃撃戦が展開されたり。映画を盛り上げるための要員になってしまったのは見て見ぬふりです。
 しかも、最初はスマートに殺しをしていたのに。中盤から、ド派手な銃撃戦を展開してしまうのがジェイソン・ステイサムっぽいです。
 というか、普通に顔を出しているので。どっかの防犯カメラとかに映ってしまいそうですが。この世界には警察が存在しません。

 とはいっても、銃撃戦や格闘の迫力は素晴らしくて。とても興奮できるものでよかったです。男ばかりのむさくるしい映画ですが、楽しめました。

☆☆☆

鑑賞日:2011/12/04 Blu-ray

監督サイモン・ウェスト 
アクション監督デヴィッド・リーチ 
脚本リチャード・ウェンク 
ルイス・ジョン・カリーノ 
出演ジェイソン・ステイサム 
ベン・フォスター 
ドナルド・サザーランド 
トニー・ゴールドウィン 
ジェームズ・ローガン 
0
タイトルとURLをコピーしました