映画【サンザシの樹の下で】感想

DVDorBD

●こんなお話

 都会の女の子が国策で農民修行してたら、そこで出会った青年に恋をしていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 セピアっぽい色味の彩度が落ちた映像の中の自然の景色が美しくて、主演女優さんも可愛らしくて女優さんを見てるだけで引っ張られてしまう魅力いっぱいの映画でした。

 ただ下手するとストーカーなんじゃないかな? と思わなくもない行動をしたり、何と言ってもところどころテロップで時間を飛ばす手法が、そこで気持ちが中断してしまうのでイマイチ乗り切れなかったです。
 いくら70年代の文化大革命のときの中国とはいえ、主人公の女の子が男と一緒に寝ただけで妊娠しちゃうとか、そこまでの知識のなさなんだろうか。

 純朴で綺麗な映画だと思いますが、真っ赤な花をさかすサンザシという木だったのに何故か白い花を咲かしているのが演出の意図が汲み取れない映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/10/24 DVD

監督チャン・イーモウ 
脚本イン・リーチュエン 
原作エイ・ミー 
出演チョウ・ドンユィ 
ショーン・ドウ 
シー・メイチュアン 
リー・シュエチェン 
チェン・タイシェン 
0
タイトルとURLをコピーしました