映画【ロード・オブ・ザ・リング】感想(ネタバレ)

The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
スポンサーリンク

●こんなお話

 めちゃ凄いパワーを持ってる指輪を悪い存在が狙うので火山に捨てに行こうとする人たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 凄い指輪が作られてそれを巡って戦争とかが起こっての説明が結構長いこと続くツカミがあって、魔法使いがホビットの村へとやってくるところから始まります。

 主人公がおじさんからめちゃ凄いパワーですべての存在を誘惑してしまう指輪をほぼ強制的に譲られて危険なので旅に出るようになって、魔法使いは先輩魔法使いに相談するけれど裏切られて監禁される。同じ種族のホビットの仲間たちと故郷を出て魔法使いと合流する村で魔法使い現れず、謎の剣士に匿われて追手から逃れる。けれども追手に刺されて負傷。エルフのところで治療して復活。人間やエルフやドワーフの種族が指輪を誰が捨てに行くかで揉めて結局主人公立候補、仲間たちも立候補して旅の仲間結成。

 敵も軍隊を作って送り込んでくる怖いシーンが挿入されつつ、旅の仲間たちの移動が続いて雪崩とかにやられたり、ドワーフの洞窟に行ったら全滅していて敵の追手がやってきてのバトルがあったり、お炎のドラゴンみたいなのと戦って魔法使い落下してしまって落ち込む一同。さらに人間の1人が主人公に指輪欲しいために襲い掛かって主人公1人で指輪を捨てる決意。そこに敵の追手が来てのクライマックスのバトル。ホビットの仲間がさらわれて人間の1人は戦死、主人公とホビットの仲間2人だけで捨てに行って、残りのメンバーはさらわれたホビットをレスキューしに行く決意をして終わり。

 美術や衣装や背景の絵とか映像の凄さとかスタッフの仕事っぷりを堪能できて総合芸術を目の当たりにできて主人公たちが生きているという存在感が凄くて、リアルなファンタジーとして素晴らしかったです。敵のオークとかウルク・ハイというキャラクターたちもキモくて怖いヴィジュアルでした。

 移動して休憩して移動してとひたすら指輪を捨てに行くぞという物語構成も見やすく3時間飽きずに見られる1本でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2009/02/18 DVD 2022/10/02 Amazonプライム・ビデオ

監督ピーター・ジャクソン 
脚本フラン・ウォルシュ 
フィリッパ・ボウエン 
ピーター・ジャクソン 
原作J・R・R・トールキン 
出演イライジャ・ウッド 
イアン・マッケラン 
リヴ・タイラー 
ヴィゴ・モーテンセン 
ショーン・アスティン 
ケイト・ブランシェット 
ジョン・リズ・デイヴィス 
ビリー・ボイド 
ドミニク・モナハン 
オーランド・ブルーム 
クリストファー・リー 
ヒューゴ・ウィーヴィング 
ショーン・ビーン 
イアン・ホルム 
タイトルとURLをコピーしました