映画【龍の忍者】感想(ネタバレ)

THE LEGEND OF THE NINJA
スポンサーリンク

●こんなお話

 父親の敵を追って日本から中国に来た忍者と中国の青年とのバトルの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 コナン・リーさんという役者さんを勉強不足で知らなかったですが、めちゃくちゃ動けて普通にすごいです。真田広之さんの体術もキレキレで2人のスピードと体の動きを存分に楽しめる作品でした。映画のほとんどが誰かしら戦ってるこれぞ香港アクションな映画でした。コナン・リーさんがぱっと見、ジャッキーチェンっぽいのとか華やかに感じてしまうというそっくりさん的な見方をしてしまう役者さんでした。

 ただ映画のテイストが1982年という時代のためか、お笑い芸人さんがマネする香港コメディな演出全開で終始苦笑いのギャグが多かったです。

 それに本筋とは関係のない竹馬で暴れたり、主人公が詐欺だと見世物をやっていた宗教団体的な人と戦ったりとそのアクションシーン自体はものすごい迫力で素晴らしいですが、そこをカットしてもストーリーにはまるで支障がないシーンが多めな印象でした。

 宗教団体とバトルするときに日本刀で戦う真田さんが相手の足や耳を切断して結構バイオレンスだったり、「ばいちゃ」とアラレちゃんギャグをするのがよかったです。それにカタキ役が女性が苦手、という弱点だからと女性の裸を見せて弱らせるという作戦が急に発動されて、しかもその演出がいきなりのレーザー光線みたいなものでこれまた楽しいという。

 とはいえ、クライマックスの2人の戦いや共闘しての戦いなど日中合作なアクション満載でずーっと楽しい映画でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2020/05/29 Amazonプライム・ビデオ

監督コリー・ユエン 
出演真田広之 
コナン・リー 
津島要 
田中浩 
タイトルとURLをコピーしました