映画【アルキメデスの大戦】感想

DVDorBD

●こんなお話

 大切な税金の使い道を偉い人たちが勝手に決めていく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭の坊ノ岬沖海戦から始まり、日本映画のCGシーンだと戦艦とかCGだけでそこに人間がいなかったりと現実感がないのが多い印象でしたが、この作品ではCGと人間の境目とかがわからなくて臨場感のある戦闘シーンでツカミはバッチリでした。

 そこから戦艦か空母かの建造についてで戦艦の見積もりがおかしいと主人公の数学の天才が妨害にめげずに数学の知識で突破していくという。そして国の偉い人たちが勝手に税金を使って行くという昔も今も変わらない描き方も戦争映画であまり見たことのない視点でフレッシュな内容でした。

 天才数学者ものとして安定の面白さがあって、見ている観客の上を行く知識で危機を突破していく面白さもあってクライマックスの会議の攻防。戦艦大和建造の真相なんかもフィクションとして新たな視点として楽しめるものでした。山本五十六が非戦論者と思わせといて、実は戦争で暴れたいという気持ちを描いているのもよかったです。

 仕方ないですが、女性キャラクターが主人公の教え子しか登場せず。しかも登場するだけで他の人の気持ちを味方にしてしまうという無敵のキャラクターで面白みに欠けるヒロインでした。それに130分、会話シーンが多くて動きが少なく個人的には退屈に感じるところもありました。

 とはいえ、山崎貴監督作品で素直に楽しめるエンタメ大作で山崎監督の最高傑作だと思える作品でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2019/08/01 TOHOシネマズ日比谷 2020/05/20 Blu-ray

監督山崎貴 
脚本山崎貴 
原作三田紀房
出演菅田将暉 
柄本佑 
浜辺美波 
笑福亭鶴瓶 
小林克也 
小日向文世 
國村隼 
橋爪功 
田中泯 
舘ひろし 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました