映画【ザ・ギフト】感想(ネタバレ)

the-gift
スポンサーリンク

●こんなお話

 引っ越しをした夫婦のもとに旦那さんの高校時代の同級生を名乗る男が近づいてきて、嬉しいギフトからトンデモギフトまで送られる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公はあまり覚えていないけれど、同級生を名乗る男が近づいてきてそれを発端に主人公夫婦の周囲で不可解なことが起こり始めるというスリラー映画の王道をいく展開で緊張感があってよかったです。

 途中から主人公の旦那さんの過去から、夫婦のぎくしゃくになっていってと方向が変わってきて感情移入がしづらいのが変化球な作品でした。それでいてはっきりとした答えやわかりやすいオチがあるわけでもないので、不完全燃焼に感じてしまう作品でもありました。学生時代のことを恨みに思っていての復讐劇として見ても【オールドボーイ】の復讐のほうがえげつなく感じてしまって、結構復讐のレベルが甘く見えてしまいました。もっともっとドロドロにかき乱してほしかったです。

 そしていじめかっこ悪いというのを再確認できる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2017/04/20 DVD

監督ジョエル・エドガートン 
脚本ジョエル・エドガートン
出演ジェイソン・ベイトマン 
レベッカ・ホール 
ジョエル・エドガートン

コメント

タイトルとURLをコピーしました