映画【ファイナル・デッドサーキット】感想

The Final Destination DVDorBlu-ray

●こんなお話

 今回はサーキット場の事故から生き延びた人たちが次々に死んでいく話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 今作の冒頭の予知夢はサーキット場でのパニックですが、ニコニコしながら人間が死んでいくのを相変わらず見るという不謹慎なシリーズっぷりはさすがでした。

 その後はサバイバーたちが何人か死んでいって、死の連鎖があるぞってなって死ぬ順番を思い出し。次の人に忠告して生き残れば大丈夫ではないかと考え始める。

 いかにどうやって人間が死ぬのかというのを楽しめるかどうかでこのシリーズの面白さが変わると思いますが。今作の最初のほうの人の死に方は個人的にはあまり楽しめなかったです。特にレイシストの男が黒人男性の家を襲撃しようとしてピタゴラスイッチの結果…というところとか。あまり楽しめず。

 けれども2度目の予知夢の3Ⅾ映画観賞中に大爆発からのエスカレーターに巻き込まれ…とかニコニコでしたし、プールの排水口に…とか面白いところもいっぱいありました。

 偶然の連鎖から来るぞ的なハラハラドキドキは少なくなり、派手な死ばかりになってしまっているようでそれはそれでアリだと思いますが、緊張感とかはなくなってしまっていると思う1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2010/09/27 Blu-ray 2015/06/03 Hulu 2021/09/11 NETFLIX

監督デヴィッド・R・エリス 
脚本エリック・ブレス 
出演ボビー・カンポ 
シャンテル・ヴァンサンテン 
ミケルティ・ウィリアムソン 
ニック・ザーノ 
ヘイリー・ウェブ 
タイトルとURLをコピーしました