映画【クローゼット】感想

The Closet ☆☆☆

●こんなお話

 娘が失踪してしまって、霊媒師と一緒に悪霊と戦う話。

●感想

 静かに画面がダークで大切な娘を救うために霊媒師と一緒に悪霊と戦うという王道のエクソシストもので子どもの悪霊がゾンビみたいにアタックしてきて100分間楽しめました。

 主人公は妻を事故で亡くして、それから娘とも関係が気まずく仕事ばかり。家で怪奇現象が起き始めて…。ここでの貞子ちっくなお化けのアタックから王道の心霊者かと思いきや、主人公が無口なためか相棒となる霊媒師がおしゃべりが現れてから一緒に悪霊退治が始まり、「エクソシスト」や「インディシアス」のようなハリウッドの悪霊退治となって悪霊に霊媒師であり科学も使って悪霊に挑んでいきつつ、悪霊のボスが虐待されていて…と悪霊の行動の動機を解明していく。

 その途中で悪霊の攻撃があって適度にホラーでありアクションでありと見せ場も多くて飽きることなく見ることができました。

 ただ数多く作られたホラー映画とかとどこかしら似ていて新鮮さとかもとくになく、親との関係がメインとなっているのが韓国っぽいくらいでフレッシュさはあまりなかったです。

 霊媒の料金が2500万くらいというのが知ることができて勉強になる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/12/24 川崎チネチッタ

監督キム・グァンビン 
脚本キム・グァンビン 
出演ハ・ジョンウ 
キム・ナムギル 
ホ・ユル 
キム・シア 
タイトルとURLをコピーしました