映画【100万ドルの血斗】感想

BIG JAKE ☆☆☆

●こんなお話

 孫が誘拐されて身代金を要求されたのでおじいちゃんやその息子たちなどとレスキューする話。

●感想

 冒頭でニューヨークでは自動車や映画などの文明が発達していることが説明されて、東部ではまだまだ文明が発達していないという設定が面白かったです。普通に車やバイク、オートマチックの銃やスコープが出てきたりとフレッシュな時代設定でした。

 そこにジョン・ウェインにモリーン・オハラ、さらにはエルマー・バーンスタインの音楽と往年の西部劇感もいっぱいで、馬に乗って壮大な荒野を走ったりと映像も迫力あるものでした。

 話が始まっていきなり強盗団が虐殺をして女子供も殺していくのがなかなかの残酷っぷりです。そこで警備隊と一緒に主人公のおじいちゃんも一緒に行動するけれど、カタキ役たちにあっという間に待ち伏せされて自動車とか壊されちゃう。仕方ないので主人公家族と主人公の旧知の中のネイティブアメリカンと孫を助けに行く。

 映画としては牧歌的なのんびりしていて、孫が死ぬかもしれないというリミットは一切なくて、いつも通りのジョン・ウェイン感でボコボコゆっくり殴って殴られても傷一つつかないスターっぷりが一週回って楽しかったです。個人的にはネイティブアメリカンの老人がかっこよくて、音を聞いて敵との距離を測ったり、足跡を読んだりとサバイバル能力の高さがかっこよかったです。そのためクライマックスでのナタ男との戦いはなかなかの悲惨さでへこむ展開でした。主人公たちも孫を救出して、ネイティブアメリカンのことを頭にすらなく笑顔で終わっていくのもむなしいエンディングでした。

  ちょっとのんびりしている中での突然のバイオレンスがあったり、どういう気持ちになればいいのかわからないところもありますが。楽しい西部劇でした。

☆☆☆

鑑賞日:NHK BSプレミアム

監督ジョージ・シャーマン 
脚本ハリー・ジュリアン・フィンク 
リタ・M・フィンク 
音楽エルマー・バーンスタイン 
出演ジョン・ウェイン 
リチャード・ブーン 
モーリーン・オハラ 
パトリック・ウェイン 
クリス・ミッチャム 
ボビー・ヴィントン 
ブルース・キャボット 
ジョン・イーサン・ウェイン 
タイトルとURLをコピーしました