映画【悪い奴ほどよく眠る】感想(ネタバレ)

The Bad Sleep Well
スポンサーリンク

●こんなお話

 父を死に追いやった汚職している政財界の人間たちに復讐しようとする男たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 ホテルで結婚式が行われていて記者たちが取材をしていて出席している人たちを解説していきます。課長補佐が披露宴直前に連行されたりして何やら不穏な空気が漂う。5年前にも不正入札に絡んで職員が自殺したことがあったりの話があったら、ケーキがその自殺があった新庁舎の形のケーキが出てきてどよめく会場。

 検察が捜査をし始めて関係者の事情聴取とかするけど自殺を遂げたり失踪したり。自殺をしようとしている課長補佐。そこへ西が現れて話をして、課長補佐は自殺したとの報道が出る。

 主人公は課長補佐にいかに上司たちが酷いかを語って、自分の告別式を外から覗かせて録音した会話を聞かせて上司たちが適当なことを言っているのを聞かせて自分に協力するように言う。

 主人公は次に課長を追い詰めていく。課長の行動が上司たちに不審がられるように仕向けて裏金の横領疑惑ととらえられる結果となっていって、自宅に帰宅途中に死んだはずの課長補佐が幽霊的に現れて精神が追い詰められる。

 主人公は結婚したのに毎晩夜遅く帰ってくるので義理の兄が妹が幸せなのかと疑問に感じたりしつつ、課長を新庁舎に連れて行く主人公、自らの出自を語りつつ課長の自殺を強要する主人公だけど殺すことができなかったけど、恐怖で廃人になって病院送りになる課長。

 部長が自殺した職員の奥さんに話を聞きに行くと隠し子がいたことがわかって、お通夜だかの写真に遠くから見る主人公の姿。主人公が裏で動いていたことがバレる。電信柱の影から見ている主人公というのが主人公のうっかりミスっぷりが笑えます。

 主人公が何も知らず本当に愛してしまった奥さんのもとに花を持って帰宅すると正体がバレて逃走。けれども部長と防空壕に監禁して物的証拠をどこに隠したのか聞き出そうとする。奥さんの気持ちがかわいそうと奥さんを防空壕に連れてきてしまう課長補佐。主人公が奥さんに奥さんの父親が酷い人間なのでこれしか方法がない的なことを語る。物的証拠が揃って記者会見をして悪事を暴露が決定して楽しそうな主人公たち。

 帰宅した奥さんを見た父親が嘘をついて主人公の居場所を聞き出す。睡眠薬を飲まされて意識を失って気づいたらお兄さんに起こされて、主人公のいるはずの防空壕に行くと、主人公は殺されていた。もう証拠もなくなり今まで通りになってしまって悪い奴程よく眠るという。

 最初の結婚式で出席者を外野で記者たちが登場人物の関係性を説明される最初は面食らって大変でしたが、主人公の目的が判明してからのリベンジ劇が始まってからはどんどんと悪人たちを追い詰めていく、また日本の汚職や腐敗のシステムのやるせなさがエンタメとして面白かったです。ヒーローのような凄腕っぷりを発揮して悪人たちを追い詰めていく三船敏郎さんがかっこいいです。

 部下が上司のメッセージを受けた途端に自殺したりトカゲのしっぽきりをされたりと巨悪の根源たちはのうのうとよく眠るという。最後にでかでかとタイトルがでるのとか最高でした。加藤武さんの最後の「これでいいのか!」という絶叫。

 それに主人公と結婚したお嫁さんの香川京子さんのかわいそうさったらなくて良かれと思ってやった行動が悲劇を招くという。そして猟銃をぶっ放す三橋達也さんの行動のぶっ飛び。

 そして殺し屋役の田中邦衛さんの存在感とかが笑える1本でもありました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2022/09/18 U-NEXT

監督黒澤明 
脚本小国英雄 
久板栄二郎 
黒澤明 
菊島隆三 
橋本忍 
出演三船敏郎 
加藤武 
森雅之 
志村喬 
西村晃 
藤原釜足 
三津田健 
松本染升 
山茶花究 
清水元 
三橋達也 
香川京子 
菅井きん 
樋口年子 
笠智衆 
宮口精二 
南原宏治 
土屋嘉男 
中村伸郎 
田中邦衛 
峯丘ひろみ 
賀原夏子 
藤田進 
三井弘次 
田島義文 
佐田豊 
沢村いき雄 
タイトルとURLをコピーしました