映画【ターミネーター4】感想(ネタバレ)

terminator-salvation
スポンサーリンク

●こんなお話

 機械との戦争をしている未来で、レジスタンスのリーダーのジョン・コナーが機械の暗殺者リストナンバーワンになっているカイル・リースという男が挙げられていると知って彼を探そうとする。記憶喪失のマッチョな男もカイルと出会って、ジョン・コナーに会いに行こうとする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭から畳み掛けるアクションシーンの連続で灰色の映像の中でドッカン! ドッカン! 爆発が凄いことになっていました。たくさん種類のあるターミネーターの造形もカッコよかったです。記憶喪失の男がレジスタンスのところから逃走するアクションも銃撃がありえないくらい起こって長回しとかも効果的で面白かったです。巨大ロボットと戦ったりもド迫力でした。爆破につぐ爆破、破壊の限りが尽くされてました。

 ただ主人公が定まらず、ストーリーがあっちへ行ったりこっちへ行ったりするので感情移入しづらい感じになっちゃっているのがもったいなかったです。
 脇役たちも微妙でジョンの奥さんや喋れない少女なんかもったいなかったです。カイル・リースですら、最初と最後に出るだけになってしまったのももったいない感じでした。
 序盤から中盤までは迫力の戦闘シーンでしたが、肝心のクライマックスが一番失速してしまっているかのようなアクションシーンも残念でした。

 機械と人間のハイブリットの男の苦悩なんかもだいぶあっさりだし、そもそもこのハイブリットターミネーター、他のターミネーターよりめっちゃ性能よくてこれを量産すればよかったんじゃないのかな? とも思わなくはないですが、良い娯楽作品だと思いました。 

☆☆☆☆

鑑賞日:2009/11/29 Blu-ray 2019/06/30 Blu-ray

監督マックG 
脚本ジョン・ブランカトー 
マイケル・フェリス 
出演クリスチャン・ベイル 
サム・ワーシントン 
アントン・イェルチン 
ムーン・ブラッドグッド 
コモン 
ブライス・ダラス・ハワード 
ジェイダグレイス 
ジェーン・アレキサンダー 
マイケル・アイアンサイド 
タイトルとURLをコピーしました