映画【ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影(シャドウズ) 】感想

DVDorBD

●こんなお話

 影の軍団として生きるタートルズだけど、前作の敵のシュレッダーが逃走して何か計画してるってんで、それを阻止する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭からフルスロットルでバンバン飛び跳ねて動き回るタートルズが激しかったです。前作で街を救ったのに手柄はなくていまだに隠れて生きているタートルズがいて、前作の敵がシュレッダーが脱獄するってんで、そのカーチェイスも車がドカンドカンとひっくり帰る中、改造ゴミ収集車に乗って大騒ぎするタートルズが見ていて楽しいです。 

 ただ激しいアクションシーンがあった1幕目が楽しく見ることができましたが、しだいにどのアクションシーンもただ大騒ぎしているだけで失速していきました。特にクライマックスの戦いは空からいっぱい宇宙人みたいなのが襲ってくるのは【アベンジャーズ】とか【インデペンデンス・デイ】みたいなので100万回見てるもので既視感いっぱいの戦いの中、わちゃわちゃタートルズが動き回って、どうやって苦戦してどうやって倒したのかとか一切わからないので何の感情の動きもなかったです。 

 そして案の定、シュレッダーが脱獄に成功して悪巧みをし始める。子分がいないからと普通のチンピラをスカウトするのが凄くて、軍団の凄さがよくわからなかったです。いきなり現れる脳みそロボットもいったい何者なのか終始わからないままでした。扉を開く装置を守るのもよくわからない女性のカタキ役だったり相手はとほかにいなかったのかと考えてしまいました。猪とサイの子分との戦いは面白かったですが、その場が面白いだけで映画の流れとしては退屈でした。 

 タートルズも人間になれる派とならない派で仲間割れみたいなことになりますが、それも何でのちに関係が修復したのかとかこれまたどうでもいいと思ってしまうもので残念でした。 

 その場その場は楽しいエンタメで良いとは思いますが、いかんせんノリだけだとしても欠点が多い映画で残念でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2016/08/27 チネチッタ川崎  2018/06/25 Amazonプライム・ビデオ

監督デイヴ・グリーン 
脚本ジョシュ・アッペルバウム 
アンドレ・ネメック 
出演ミーガン・フォックス 
ウィル・アーネット 
ローラ・リニー 
スティーヴン・アメル 
タイラー・ペリー 
ノエル・フィッシャー
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました