映画【ストレイヤーズ・クロニクル】感想(ネタバレ)

スポンサーリンク

●こんなお話

 特殊能力者たちが内ゲバをしたり悪い大人たちと戦う話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 常人にはない特殊能力を持った人たちのスーパーパワーを使ったエンタメとしての面白さがあるわけでもなく。かといって特殊能力をもつがゆえの葛藤とか悩みが新鮮でもなく。ただただスケールが小さい映画にしか見えないのが痛かったです。

 日本映画なのでアクションシーンのスケールが小さいのは構わないですが、登場人物たちがうやっていることがスケール小さいので見てて退屈という。

 特殊能力者でもルートが違うとかで派閥があって、それの対立があるけど。結局、彼らを利用とする悪い大人がいて。けどその悪い大人もただの復讐をするために利用するというのもなかなかの小ささで、その小さい思惑の中でうじうじ悩む主人公たち。

 特殊能力の訓練とかもエンタメとして面白いわけでもなく、冷たい大都会の人間たちから相手にされず。誰もわかってくれない、とか恨みつらみを延々と語る120分はなかなかの辛さでした。

 主人公たちの能力も何に使うのか微妙なものばかりで楽しくないし、超能力者たちが走って次の現場に向かう姿を呆然と見つめる映画でした。

鑑賞日: 2015/07/14  イオンシネマ多摩センター

監督瀬々敬久 
脚本喜安浩平 
瀬々敬久 
原作本多孝好
出演岡田将生 
染谷将太 
成海璃子 
松岡茉優 
白石隼也 
高月彩良 
清水尋也 
鈴木伸之 
栁俊太郎 
瀬戸利樹 
黒島結菜 
青木崇高 
渡辺大 
忍成修吾 
団時朗 
日向丈 
本郷奏多 
豊原功補 
石橋蓮司 
伊原剛志 

コメント

タイトルとURLをコピーしました