映画【刑事ジョー ママにお手あげ】感想

☆☆☆

●こんなお話

 スタローンがお母さんに振り回されながら事件を捜査する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 デカいスタローンとめちゃ小さいお母さんというアンバランスな親子のバディものとして楽しい映画でした。拳銃を洗っちゃったり、息子へのサプライズとして銃をプレゼントしようと密売人から自動小銃を購入して、それきっかけで犯罪組織との攻防に発展していくという流れもコメディ映画として笑えました。やたらと息子の恋愛に介入してくるのとか息子としては物凄い辛いのとかも息子あるあるとかも描いていました。 

 ただ捜査ものとしてはコメディだから仕方ないのかもしれないですが、簡単に捜査が進んでいって気づいたら真相までたどり着いている印象でした。そもそもカタキ役は何をしている人なのかも忘れてしまったまま戦っている主人公たちでした。 

 とはいえスタローンのオムツ姿というのは見ていて痛々しく感じてしまう部分もある映画でした。 

☆☆☆

鑑賞日: 2019/02/01 BSテレ東

監督ロジャー・スポティスウッド 
脚本ブレイク・スナイダー 
ウィリアム・オズボーン 
ウィリアム・デイヴィス 
出演シルベスター・スタローン 
エステル・ゲティ 
ジョベス・ウィリアムス 
ロジャー・リース 
J・ケネス・キャンベル 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました