映画【ストーンウォール】感想

スポンサーリンク

●こんなお話

 まだまだLGBTが市民権を得ていない時代にゲイ解放運動のきっかけとなった実話をベースにした話。 

●感想

 序盤は主人公がニューヨークにやってきて、地元のギャングと接して仲間になって行くのと同時に田舎でゲイがバレてニューヨークにやってくるまでが描かれて、同時進行で何の変化もなく描かれるために時間と場所が違って混乱する演出でした。 

 この田舎での生活が面白くてゲイがいかに大変な思いをして生きるのかがわかって興味深く見ることができました。ニューヨークでも警官とかに弾圧されたりしますが、そっちでの生活で主人公が暴動のきっかけに至るまでが、正直どうして怒りをぶちまけるのかが理解できずに性的マイノリティーの苦しさが主人公が理解しているとは思えなかったです。ただ彼氏が知らない男といちゃついていて、それで怒ってただけにしか見えなかったです。 

 これだけ面白くなりそうな素材で描き方次第で普通に面白くない映画もできちゃうんだと勉強になる映画でした。 

☆☆

鑑賞日: 2017/08/20 DVD

監督ローランド・エメリッヒ 
脚本ジョン・ロビン・ベイツ 
出演ジェレミー・アーヴァイン 
ジョナサン・リース・マイヤーズ 
ジョニー・ボーシャン 
カール・グルスマン 
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 
ジョーイ・キング 
ロン・パールマン 

コメント

タイトルとURLをコピーしました