映画【スターシップ・トゥルーパーズ】感想

Starship Troopers DVDorBlu-ray

●こんなお話

 侵略してくる昆虫型エイリアンとの死闘の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 臭いほどの青春物語でスタートして、プロパガンダのCMが挿入される演出。主人公も死闘に身を任せるうちに、虫けらをやっつけろと先陣きって突っ込んでいく姿。最高です。

 物量で攻めてくる虫たちとの死闘も、映像表現として燃えるものがあり。特に前哨基地での戦いの出来は何度見ても面白いです。

 軍国主義を馬鹿にしてるようにも見えますし、ラズチャック先生が言う「暴力で物事を解決できる」みたいなことを言いますが。それも一理あるのかなあと思わってしまいます。

 にしても1晩で10万人が死んでしまうって……。そりゃ、共存共栄の道はできないよ。主人公の「皆殺しにしてやる」って台詞が突き刺さりました。

 残酷描写いっぱいですが、129分楽しめる映画だと思いました。

☆☆☆☆

鑑賞日:2011/04/03 Blu-ray

監督ポール・バーホーベン 
脚本エド・ニューマイヤー 
原作ロバート・エー・ハインライン 
出演キャスパー・ヴァン・ディーン 
ディナ・メイヤー 
デニース・リチャーズ 
ジェイク・ビジー 
ニール・パトリック・ハリス 
パトリック・マルドーン 
クランシー・ブラウン 
マーシャル・ベル 
マイケル・アイアンサイド 
セス・ギリアム 
0
タイトルとURLをコピーしました