映画【スター・ウォーズ/最後のジェダイ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 宇宙に平和やバランスが一生訪れないシリーズ。 

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭から緩いギャグが繰り広げられて不安な出だしでしたが、そのままの不安のまま過ぎていってしまう150分でした。主人公たちがバラバラで同時進行で話が進む展開ですが、どのエピソードも退屈なのでただただ長さだけが気になる映画でした。 

 レイとルークの師弟関係のくだりもルークは引きこもりで協力を拒否するのがだらだらと続いて、最初は拒否してその後協力という流れは映画の鉄板なだけに早く協力する気持ちにならないかなと精神論をぐだぐだで眠い展開が続きました。引きこもりを外に出して更生させるNGOとかをあの島に送り込めばそれで済む話ではないのかと考えながら見てました。レイ自体がどうやって成長したのかとかよくわからず、ルークに簡単に説明されただけでレベルアップしているのかとかわからないため、最初からめちゃ強いキャラクターにしか見えなかったです。 

 カタキ役のカイロ・レンも相変わらずぐだぐだめそめそしているだけで魅力的な人物でもなく、司令官になってるのに大声でわめいて、理想的なリーダーにはなれそうになかったです。イギリス人の司令官も何回フォースで吹き飛ばされたり首絞められたりでブラック企業なところに勤めてかわいそうでした。 

 1番酷いのは反乱軍のくだりで、ポーは自分が正しいと思い込んで自分とは意見の違う司令官たちに敵対心むき出しで動きまくるだけだし、司令官たちも敵をだますのは味方からで何も説明しないために内ゲバで揉めてるだけという。だったら最初から説明して協力していたら、こんな犠牲者は出なかったのではなかろうかと思ってしまいました。司令官の特攻で敵の船がみんな大ダメージというのも、それもだったら最初からその作戦でよかったのではないのか。冒頭の爆撃機の戦いとか必要だったのかとか終始突っ込んでしまう展開が続いて乗れなかったです。 

 フィンとアジア人の相棒との盗人探しのくだりもこれまた偶然の連続でたまたま盗人と出会って…。という流れも口あんぐりでした。かつての上官のキャプテン・ファズマも前作同様あっさりっぷりがガックリでした。 

  スター・ウォーズシリーズで初めて単純に面白くない作品でミレニアム・ファルコン号に乗れるくらいの少人数になってしまって今度が心配な作品でした。 

鑑賞日: 2017/12/19 TOHOシネマズ川崎  2018/07/27 Blu-ray

監督ライアン・ジョンソン 
脚本ライアン・ジョンソン 
製作総指揮J・J・エイブラムス 
出演デイジー・リドリー 
ジョン・ボイエガ 
アダム・ドライバー 
オスカー・アイザック 
マーク・ハミル 
キャリー・フィッシャー 
アンソニー・ダニエルズ 
ピーター・メイヒュー 
ドーナル・グリーソン 
アンディ・サーキス 
グウェンドリン・クリスティ 
ルピタ・ニョンゴ 
ベニチオ・デル・トロ 
ケリー・マリー・トラン 
ローラ・ダーン 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました