アニメ【スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン1】感想

Star-Wars-Rebels-Season1Disney+
スポンサーリンク

●こんなお話

 帝国が支配している世界で小さな反乱を繰り返す人たちの話。

●感想

 惑星ロザルでコソ泥をしている主人公のエズラとケイナン率いる反乱組織が出会って冒険を繰り広げていきます。リーダーのケイナン、パイロットのヘラ、力持ちのゼブ、マンダロリアでアート好きのサビーヌ、ドロイドのチョッパー。彼らが帝国と争っていきます。

 敵はエージェント・カラスや尋問官たちが立ちふさがっていきます。尋問官が使うライトセーバーがかっこよくて、円状になった持ち手になっていてブーメランみたいな投げてくるのがよかったです。主人公がライトセーバーのもとになる鉱石をゲットしてブラスター付きのライトセーバーを作って撃ちながらライトセーバーで戦うアクションは新鮮さがある見せ方でした。

 ケイナンはジェダイの生き残りでフォースやライトセーバーを操り、エズラを弟子にして2人で訓練をしていきます。宇宙に反乱のメッセージを送るために電波塔をジャックしていこうとするクライマックス。主人公が放ったメッセージが誰かに届いて助けに来てもらった相手は…。というのとかも盛り上がる見せ場でした。

 毎回25分程度の仲で目的が設定されて、それに向かって突破していくのかできないのをアクションを見せてくれて楽しいアニメーションでした。映画本編のキャラクターやアニメシリーズのクローンウォーズに出てきたキャラクターも出てきて繋がっていくのが盛り上がりポイントの1つでした。

 ケイナンをレスキューするためターキン提督と戦いを繰り広げていきます。

☆☆☆☆

鑑賞日:2022/01/15 Disney+

総監督デイブ・フィローニ
原作ジョージ・ルーカス
制作総指揮デイブ・フィローニ
サイモン・キンバーグ
グレッグ・ワイズマン
脚本デイヴ・フィローニ
サイモン・キンバーグ
キャリー・ベック
グレッグ・ワイズマン
出演テイラー・グレイ
フレディ・プリンゼ・Jr
ティヤ・シルカー
バネッサ・マーシャル
スティーヴ・ブラム
デイヴ・フィローニ
ディー・ブラッドリー・ベイカー
デヴィッド・オイェロウォ
タイトルとURLをコピーしました