映画【SP 野望篇】感想

sp-movie DVDorBlu-ray

●こんなお話

 国家転覆を目指すテロリストとの戦いの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主人公である岡田さんは、意外に何もせず。ただ、与えられた任務を黙々とこなすだけなので。ドラマとして弱い気がしました。上司である堤真一さんとの対決のドラマがあるのかと思いきや、まだまだ引っ張る感じで不完全燃焼でした。

 メインとなる話は、政治家や公安の暗躍にあるので。いまいち、盛り上がりに欠けました。それで、主人公に任務が下って事件が起こるという流れで。オープニングとクライマックスに大きなアクションシークエンスがありますが。主人公の職業である要人の警護がメインであるため、犯人を倒すというカタルシスが得られず。クライマックスの警護活動なんかもあんまし盛り上がらなかったです。
 ジェイソンボーンの真似事をしているようにしか見えなかったです。

 それに、アクションの数々が。殴り合いだけで、しかも夜中の普通の道路とかなので。あまりに地味なバトルで盛り上がらないのも問題でした。リアルさ重視なのも、問題ありだと思いました。

 とはいえ、90分楽しめましたし。次回作の予告の盛り上がりがハンパないので、期待したいです。ただ、これ1本が映画として。あってもなくても、続編を見てもわかりそうなもので。あまり必然性のない話にも感じてしまいました。

☆☆☆

鑑賞日:2011/07/13 DVD

監督波多野貴文 
アクション監督大内貴仁 
脚本金城一紀 
出演岡田准一 
真木よう子 
松尾諭 
神尾佑 
野間口徹 
香川照之 
堤真一 
タイトルとURLをコピーしました