映画【青いソラ白い雲】感想

sorakumo DVDorBD

●こんなお話

 東日本大震災の被災地で生き残った犬と何不自由なく育ったお嬢様の交流の話。

●感想

 主演の女性が身長が高くスレンダーなモデル体型で、序盤のプチセレブな生活をする紹介シーンからハマっている役で世間を知らないで育ってる感じがよかったです。

 両親の離婚でアメリカに住むことになった主人公が旅立った後に東日本大震災が発生して、父親に会いに日本に戻ってくる。
 いきなり馬鹿でかいガイガーカウンターを持っていたるところの線量を計る主人公。ちょっと不快に思いますが、外国から見たニッポンの現状なのかなとも思いました。
 そして主人公の父親が詐欺罪で捕まり、家もヤクザに追い出されて東京を着のみ着のままサバイバルという展開。

 映画全編がユルいコメディで展開するので、突っ込みどころもあるし。お世話になる音楽プロデューサーが昔はアイドルで実はゲイで、ってやら。そのアイドルのマネージャーと付き合っていたり。アイドル時代のファンのおばちゃんがいきなり訪れたり、歌手を目指してた友だちがレディーガガを批判してたのにレディーガガの真似みたいなことをして、その後代理母がうんぬんとか。
 無茶苦茶ですが、主人公が土手で歌う「黙って俺についてこい」。どんな過酷で辛い状況でも、そのうち何とかなるさという元気づけ、そして今の状況でやれることやればいいという励ましの映画でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2013/07/14 DVD

監督金子修介 
脚本金子二郎 
萩原恵礼 
金子修介 
出演森星 
大沢樹生 
渡辺裕之 
畑中葉子 
0
タイトルとURLをコピーしました