映画【スマグラー おまえの未来を運べ】感想(ネタバレ)

smuggler
スポンサーリンク

●こんなお話

 売れない役者の男が借金のためスマグラーと呼ばれるワケありの運び屋になって、凄腕の殺し屋だのヤクザだのの抗争に巻き込まれる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 登場人物全員が漫画から飛び出して来たかのようなヴィジュアルで圧倒されてしまいます。見た目が凄いことになっている中、スローを使ったアクションシーンなんかが印象的だったり運び屋としてミスをしてしまい、身代わりとなって拷問される妻夫木さんの熱演とかも素晴らしかったです。直接的な暴力描写がなくて、妻夫木さんの顔のリアクションだけで痛みを表現しているのがよかったです。個人的にはもっと暴力描写で攻めてもらった方が熱かったです。
 役者さんたちの見た目も熱演もカッコいいし、キャラクターの面白さであったり照明や衣装のカッコよさで見せていく映画でした。

 ただ、石井克人監督作らしい石井ギャグがてんこ盛りでそれについていけるかどうか好みか好みじゃないかで変わってしまう映画でもあると思います。
 石井監督常連の我修院達也さん、島田洋八さんなんかはいつもな感じで話運びの邪魔になってしまうような怪演。それに高嶋政宏さんもテンション高くて、テンションが高いたびに見てるこちらのテンションも低空飛行になっていくという。松雪泰子さんはゴスロリファッションですが、何でゴスロリの格好してるのか? とか突っ込んじゃ駄目な感じです。

 とはいえ、殺し屋の背骨と内蔵はカッコいいし。それに立ち向かう丈という兄貴分もこれまたカッコいいです。なんで拷問された後の妻夫木クンはまあまあ元気なのかな? とか、チャプターに分けてる意味って何だったの? とか、突っ込んではいけない映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2014/03/10 Blu-ray

監督石井克人 
脚本石井克人 
山口雅俊 
山本健介 
原作真鍋昌平
出演妻夫木聡 
永瀬正敏 
松雪泰子 
満島ひかり 
安藤政信 
阿部力 
我修院達也 
テイ龍進 
島田洋八 
高嶋政宏 
小日向文世 
清川均 
松田翔太 
大杉漣 
津田寛治 
寺島進 
タイトルとURLをコピーしました