映画【アウトレイジ ビヨンド】感想

DVDorBD

●こんなお話

 関東と関西のヤクザの喧嘩の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 前作は何故か同じヤクザ同士が身内で殺しあうだけの映画で何も残らない映画でしたが、今回は関西のヤクザが介入してきて関東のヤクザが崩壊していく様子が描かれます。

 やたらと登場人物たちが今の状況をセリフで全部語っていくので、せっかくの北の映画のカッコいい画で登場人物たちが無言で語る映像というのはなくなってしまい。説明説明、また説明で、ヤクザたちの登場人物たちの苦しみや暴力の先の虚無感みたいなものが一切なくなってしまって残念でした。

 しかも偉い人たちが延々と会議みたいなことしかせず、動きがないので退屈なことこの上ないです。馬鹿な親分に振り回される若い人たちを見せたりする【仁義なき戦い】のような熱い映画ではなく残念でした。

 ものすごい勢力のヤクザたちなのに簡単に捕まり殺されていったりするのも盛り上がらないです。アクション映画としての盛り上がりみたいなものもなく気持ちが動かされることがなかったです。

 ただ怒鳴るだけの同じ調子の登場人物たちをぼけっと見ているだけでした。

☆☆☆

鑑賞日:2013/04/12 Blu-ray 2017/10/07 Blu-ray

監督北野武 
脚本北野武 
出演ビートたけし 
西田敏行 
三浦友和 
加瀬亮 
中野英雄 
松重豊 
小日向文世 
高橋克典 
桐谷健太 
新井浩文 
塩見三省 
中尾彬 
神山繁 
田中哲司 
名高達男 
光石研 
0
タイトルとURLをコピーしました