映画【シルバラード】感想

SILVERADO ☆☆☆

●こんなお話

 いろんな事情で集まったガンマン4人組が悪い牧場主と対立する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 これぞ西部劇といったものが全部詰め込まれていて、画面いっぱいに広がる草原とかを馬が駆けていく映像の迫力。悪い牧場主や保安官がいて、農民たちが苦しんでいてそれをガンマンたちが救うという。早撃ちや闇討ち、一騎打ちなどの見せ場もよかったです。

 仲間たちが集まってシルバラードなる街へ行ってそこで悪人と戦ってというのも適度にアクションシーンの見せ場もあって主人公4人の各キャラクターの描きわけもしっかりされていて楽しいです。

 ただこの内容で130分はチト長くて、全員に同じようにエピソードが挿入されて、しかもそれが平坦に感じて長かったです。敵の保安官が主人公と旧知の中でとかもそこまで掘り下げる必要あるのかな? とかそれでいてケヴィン・コスナー演じる弟さんとかは軽くさらっとしていて何を考えてるのかよくわからなかったり、バランスが悪いように思えました。

 そのためクライマックスの戦いも淡々としてしまっていて盛り上がりにならない映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2020/12/19 BS-TBS

監督ローレンス・カスダン 
脚本ローレンス・カスダン 
マーク・カスダン 
出演ケヴィン・クライン 
スコット・グレン 
ケヴィン・コスナー 
ダニー・グローヴァー 
ロザンナ・アークエット 
ジョン・クリース 
ブライアン・デネヒー 
リンダ・ハント 
タイトルとURLをコピーしました