映画【書道ガールズ!!私たちの甲子園】感想

shodo-girls DVDorBD

●こんなお話

 書道ガールズの話。

●感想

 部員全員にドラマがありすぎで登場しては問題を抱えてあっという間に解決していくので何をみせたいのかわかりずらかったです。主人公自身も何に悩んでるのかもわかりませんでしたし、伝統の書道家である父親との確執らしきものがありますが、このお父さんも出てきてあっというまにひっこんじゃっていました。120分が長く感じました。

 クライマックスの大会が突然盛り上がる大会に完成されていたのがびっくりしました。いつのまにこんなでかい大会になっていたのかわからなかったです。生徒達を導く、一見やる気のない先生も何を言ってるのかボクにはわからなかったですが。生徒達は何かを感じて、やる気を出してたのも驚きでした。

 とはいえ、クライマックスの書道パフォーマンスはこんなものがあるんだと知らない世界を見せてくれて面白かったです。

☆☆

鑑賞日:2011/06/11 DVD

監督猪股隆一 
脚本永田優子 
出演成海璃子 
山下リオ 
桜庭ななみ 
高畑充希 
小島藤子 
0
タイトルとURLをコピーしました