映画【シン・ゴジラ】感想

Amazonプライム

●こんなお話

 東京にゴジラが現れて偉い人たちがあーだこーだ会議ばかりして、ときどき軍事オタクな描写が挿入される話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログより

●感想

 冒頭からフルスロットルに大量のカットと膨大な量のセリフと登場人物の多さでハイテンションで続く作風でした。そして日本にゴジラが来たら? というリアルシミュレーションものとして楽しく見ることができました。この手の映画にありがちな無能な上層部に頑張る現場、というのを見せてくれます。自衛隊や在日米軍の戦闘というのもここまで丁寧に描写しているのも珍しくて、そういうミリタリーものが好きなら興奮できるシーンだったと思います。

 ただ完全にエヴァンゲリオン実写版を見ている錯覚に陥って、エヴァンゲリオンの音楽まで流れちゃって笑ってしまいました。別にゴジラでなく巨大不明生物でもいいし、これなら【日本沈没】でも題材はよかったのではなかろうか? と物語が進むにつれて疑問に思ってしまって、だんだんと退屈に思えていきました。

 序盤の総理をはじめとする政府首脳たちがあたふたする様子は楽しかったですが、いよいよゴジラが強くて止められなくて、壊滅状態に陥って、新たな作戦を展開する。というシークエンスも冒頭からずっと同じテンションなので、ぐったりと疲れて集中力が切れていきました。おそらくたくさん取材したことを全部詰め込んでると思いますが、取捨選択しないといけない典型的な例だと思いました。

 リアルシミュレーションな展開をしている割にはゴジラに通常兵器が効かないとかそういった理由とかも描かれないため、クライマックスでの作戦なんかも一体どうやって新しい兵器を開発したのか? とかもわからないため無茶苦茶な作戦にしか見えず盛り上がらなかったです。映画なのでずっとリアルではなく、ある程度の映画としてのフィクションの盛り上がりを見せてほしかったです。

 話が退屈なため犬童一心監督、緒方明監督、原一男監督、塚本晋也監督、果ては岡本喜八監督といろんな映画監督が出演している。とかの小ネタで楽しむしかない映画でした。

 東宝のゴジラとしてはダメダメで庵野監督ゴジラとして見れば満点の作品で、異色の作品だと思う映画でした。そのため今後はいろんな監督が「俺が思うゴジラ」シリーズを作れば光の見える方向を示してくれた作品でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2016/08/02 チネチッタ川崎  2017/05/04 Blu-ray  2018/08/03  Amazonプライム・ビデオ

総監督庵野秀明 
監督樋口真嗣 
准監督尾上克郎 
脚本庵野秀明 
出演長谷川博己 
竹野内豊 
石原さとみ 
市川実日子 
大杉漣 
國村隼 
塚本晋也 
ピエール瀧 
岡本喜八 
野村萬斎 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました