映画【幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬】感想

Ronin Sakamoto Ryoma WOWOW

●こんなお話

 浪人の坂本龍馬が幕府軍に責められる長州藩と一緒に戦う話。

●感想

 坂本龍馬とその周りの歴史が当然頭に入っていないとわからない構成で、脱藩して金もうけをしている坂本龍馬から始まり。仲間たちと黒船で長州藩へ行って最新兵器を売却して高杉晋作率いる奇兵隊とともに幕府軍と戦うという。

 ですが、主人公と一緒に行動する仲間たちとか誰が誰だかわからず背景や行動の動機が歴史を知らないと置いてけぼりを食らう進み方でした。画面いっぱいに大勢の男たちが熱量いっぱいでお芝居するのとかは幕末青春グラフィティな勢いが伝わってはきましたが、いかんせん終始何をしているのかがわからなくて入り込めなかったです。

 山内容堂によって土佐勤王党の仲間たち何百人が殺されたと知って号泣するところとかも映画で1番の感動ポイントだとは思いますが、坂本龍馬というより武田鉄矢さん感が強くて乗り切れないシーンでした。

 後半は幕府軍との戦いですが、そこらへんも最新兵器で大勢の敵と戦うというスペクタクルさはあまり伝わらず。小競り合いをしていて、しかも命のやりとりの緊迫感はあまりないように思えて戦争の怖さみたいなのがわからなくてわちゃわ茶して終わっていきました。

 全員が画面全体で暑苦しくそれがよくもあり悪くもある映画だと思いました。

☆☆

鑑賞日:2021/05/10 WOWOW

監督河合義隆 
脚本片山蒼 
出演武田鉄矢 
柴俊夫 
竹中直人 
阿藤海 
浦田賢一 
本城裕 
渕野俊太 
堀広道 
吉田拓郎 
川谷拓三 
伊武雅刀 
原田大二郎 
榎木孝明 
山谷初男 
内藤剛志 
中島陽典 
原田美枝子 
浅野温子 
南果歩 
菊池桃子 
高倉美貴 
小林昭二 
本田博太郎 
村田雄治 
加藤健一 
古尾谷雅人 
陣内孝則 
平泉成 
ナレーション石坂浩二 
0
タイトルとURLをコピーしました