映画【疾風ロンド】感想

DVDorBD

●こんなお話

 生物兵器がスキー場に隠されて温度が上がったら流出しちゃうってんで、何とか探し出そうとする話。 

●感想

 冒頭でクビになった研究員が逆恨みで生物兵器が盗まれ、それがスキー場に隠されたまま犯人が帰り道で交通事故で死んじゃって生物兵器がスキー場のどこにあるのかわからないのでそれを探すという。犯人がすぐ死んじゃって生物兵器を探すという設定は面白かったです。 

 ただ生物兵器を巡るシリアスな劇が展開するのかと思いきやコメディ映画として話が展開していくのは一向に構わないのですが、それが恐ろしく笑えなくて、しかも映像もちゃちくて映画館で見てたら怒ってしまうのではないかというレベルだったと思います。この映画の1番の見せ場であるであろうムロツヨシさんと大島優子さんのチェイスシーンも全く迫力がなくて声と動きがあっていなくて、見ていて気まずいシーンに仕上がっていました。 

 生物兵器を探すという行為も主人公が阿部寛さんだと思いますが、怪我をしちゃって実質動かず何もしない役回りでした。探すのは大倉忠義さんと大島優子さんで彼らの探すシークエンスと主人公の息子と地元の中学生たちがメインの流れがありますが、それもそれで中途半端で生物兵器の居場所の真相もインフルエンザで亡くなった妹だかの恨みをうんぬんみたいなのも酷くて無茶苦茶でその結末もカタルシスを得られなかったです。 

 2時間の映画ではなくて深夜ドラマでたまたま見ていたらお得な気持ちになったと思いますが、映画としては正直クオリティが低いのではないかと考えてしまう映画でした。 

鑑賞日: 2017/10/20 DVD

監督吉田照幸 
脚本ハセベバクシンオー 
吉田照幸 
原作東野圭吾
出演阿部寛 
大倉忠義 
大島優子 
ムロツヨシ 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました