映画【おおかみこどもの雨と雪】感想

☆☆☆

●こんなお話

 おおかみおとこの子供を産んだ主人公の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 細田監督らしい綺麗な映像の日常は見ていると心が洗われるような気持ちにさせるから不思議です。1幕目の両親の出会いから恋愛に至るまでの、大学での授業、バイト先から恋人との待ち合わせ場所まで走る高揚感、いないときの寂しさ、待っている間の寒さ。

 時間経過をモンタージュで見せていく手法も王道ですが、細かいカット割りと元気なキャラクターたちが動き回る姿を見ていると。自分も親の気持ちになり、子ども2人を心配してみてしまって感情移入させてくれてよかったです。

 ただ綺麗な映像は素晴らしいのですが、狼男だと正体を明かしてもおびえずすぐにベッドシーンになってしまうのは主人公は何の悩みもないのか? と思ってしまいます。そこまで無限の愛だったのかと序盤の20分ではわからなかったです。

 それに理由あって1人で育てることになりますが、人間として育てるのか狼として育てるのかという葛藤はあまりなくて。田舎で畑を耕す大変さだったり田舎ぐらしのいいところばかりを映していて。そんなに田舎暮らしは楽しいことだらけなのかな? と描くポイントがよくわかりませんでした。
 収入はどうしているのか? とかそんなことばかり気になってしまいました。それに女性1人で廃屋を綺麗にしたり、そんなサバイバル術をどうやって手に入れていたのか気になりました。

 娘は学校で転校生と出会った事により心の変化が起こり、息子はオオカミと出会ったことにより心の変化が起こり。自分達の道をそれぞれが答えを出すというのは面白く見ることが出来ました。それがよかっただけに、途中の田舎暮らしのくだりより。おおかみこどもに生まれてしまった葛藤を見せてほしかったです。

 ただ、そんなに畑仕事楽じゃないし子育ても大変だよ。と思ってしまう映画でした。

 とはいえ110分楽しめる映画でよかったです。

☆☆☆

鑑賞日:2012/07/19 試写会 2017/03/30 日本テレビ

監督細田守 
脚本細田守 
奥寺佐渡子 
原作細田守 
出演(声)宮崎あおい 
大沢たかお 
染谷将太 
麻生久美子 
谷村美月 
黒木華 
西井幸人 
大野百花 
加部亜門 
林原めぐみ 
中村正 
大木民夫 
片岡富枝 
平岡拓真 
菅原文太 
0
タイトルとURLをコピーしました