映画【オーシャンズ12】感想(ネタバレ)

Ocean's Twelve
スポンサーリンク

●こんなお話

 前作のカタキ役に金返せと言われてまた盗みをやるけど他の凄腕の泥棒とか捜査官とかが邪魔してくる話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 前作で主人公たちにしてやられたホテル王が主人公や仲間たちそれぞれの前に現れて脅迫する。仕方なくみんな集まってヨーロッパで仕事をすることに。

 情報屋から世界で1枚しかない証券だかを盗むことになってブラッド・ピットの元カノの捜査官が話していたビルを傾けて侵入するという作戦で忍び込む。けれども金庫を開けたら別の泥棒が先に仕事をしていて主人公たちにどっちが1番の泥棒が挑戦状をたたきつけてくる。

 美術館で飾られる金の卵をどっちが盗むかということになって、主人公たちがまた計画をするけれど。そのライバルに通報されて主人公たちが捕まってしまう。残ったメンバーが仲間はハリウッド俳優のふりをして騒動を起こして盗みをやろうとするけど捜査官に見抜かれて逮捕。

 メンバー全員逮捕されて万事休すかと思いきや、メンバーの母親が全員を脱出させて、しかもライバルの泥棒より前に金の卵を盗んでましたという。ブラッド・ピットが捜査官の元カノを伝説の大泥棒であり元カノの父親に感動の再会をお膳立てして終わり。

 豪華キャストが共演して華やかな画面を楽しむというのは今作はそれほど感じられず、みんな個別にやっている印象が残る2作目でした。

 映画の中でその人に似ているからという理由でジュリア・ロバーツがジュリア・ロバーツ役をやるという展開とかは興ざめで見る気が失せてしまう話運びでした。ビルを傾ける作戦もビルを傾けるところ自体は見せなかったり、爽快感とかはあまりなかったです。

 正直、みんな捕まって勝負ありと思いきやマット・デイモンの母親がFBIの偉い人に変装して化けて簡単にみんな解放されて、しかもヨーロッパの大泥棒の師匠と実は繋がっていて、全部主人公たちの計画のうちでしたというのもそうだったのかという爽快感というよりもそんなのあり? という肩透かしな終わり方の1本でした。

☆☆

鑑賞日:2022/11/26 NETFLIX

監督スティーヴン・ソダーバーグ 
脚本ジョージ・ノルフィ 
出演ジョージ・クルーニー 
ブラッド・ピット 
マット・デイモン 
キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 
アンディ・ガルシア 
ドン・チードル 
バーニー・マック 
ジュリア・ロバーツ 
ケイシー・アフレック 
ヴァンサン・カッセル 
エリオット・グールド 
スコット・カーン 
カール・ライナー 
タイトルとURLをコピーしました