映画【信虎】感想

nobutora☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 足利義昭をバックアップするために頑張る武田信虎とか武田家の人々の話。

●感想

 武田信玄の父親の信虎を主人公にして、甲陽軍鑑をベースにしていて時代劇ファン歴史劇ファンなら面白いモチーフになっていました。

 最初は足利義昭将軍を助けるために動こうとする信虎。息子信玄が危篤だと知りかつ震源から軍配を託されたのでこれは自分が武田家を率いるべし! と織田方の領地を突破して武田家の領地に戻るけど。武田逍遥軒に足止めされてなかなか本国に帰れない。そして勝頼とか家臣とかにも会って、武田家の行く末を案じる信虎。

 低予算なので仕方ないですが、合戦シーンなどはなく。織田方の敵中突破や天目山の戦いなどアクションシーンがありますが、やたらとみんな首を斬るということしかしなくてCGの血が出るくらいで結構きつい殺陣で見せ場としては弱かったです。

 あとは基本夜の暗い室内や昼間の明るいお寺や室内で謀議をするというだけで、しかも登場人物の背景とか全くわからないまま大量のテロップで登場人物の紹介があるだけなので時代劇ファン歴史劇ファンでかつ武田家ファンじゃないと誰が誰やらでどういう関係性でどういう気持ちで動いているのかとか全くわからないので、「この人物いる?」というようなキャラクターがいっぱいでした。信虎に「虎と龍どっちが強いか」など質問する人とかメインのキャラクターのアクションに対して「はっ!」とか返事をする人物にもテロップが出てきたりして、さっきの何者なんでしょうか? というテロップ表示でした。熊の襲撃いる? などいろいろ雑念が浮かんでしまったり。

 黒澤明の【乱】みたいに煙たがられる父親が息子たちにぞんざいに扱われるとか武田家の滅びゆく様子を観察するとかのドラマみたいなものは一切なく。役者さんたちが一生懸命長い台詞を喋ってるなぁという応援する気持ちになってしまう朗読劇でした。武田逍遥軒の息子さんの子役とか信玄の辞世の句を語ったりして凄かったです。

 そしていきなり【くのいち忍法帳】かのような秘術を使うという展開になり甲陽軍鑑にそういう記述があるのだろうか? と驚きの展開でした。そして使ったところで穴山信君や海賊に使ったところでドラマとして盛り上がるのかと言ったら疑問でだから何だったんだろう? という秘術合戦でした。

 そして信虎死去後も結構長いことエピソードが続いて、何人に秘術が使ったのか? とか。羊羹のくだりとかいるのだろうか? と退屈な時間が多かったです。

 せっかく武田信虎という珍しいモチーフだっただけに残念な映画でした。

☆☆

鑑賞日:2021/11/25 TOHOシネマズ日本橋

監督金子修介 
共同監督宮下玄覇 
脚本宮下玄覇 
出演寺田農 
谷村美月 
矢野聖人 
荒井敦史 
榎木孝明 
永島敏行 
渡辺裕之 
隆大介 
石垣佑磨 
杉浦太陽 
葛山信吾 
嘉門タツオ 
左伴彩佳
柏原収史 
伊藤洋三郎 
川野太郎 
螢雪次朗 
安藤一夫 
堀内正美 
永倉大輔 
井田國彦 
橋本一郎 
剛たつひと 
西川可奈子 
タイトルとURLをコピーしました