映画【続・宮本武蔵 一乗寺の決闘】感想

DVDorBD

●こんなお話

 宮本武蔵が京都の名門の吉岡一門と戦ったり佐々木小次郎と出会ったりする話。 

●感想

 冒頭で鎖鎌の達人との決闘というアクションから始まってツカミはバッチリでした。その後、武蔵を探すおつうさんのけなげさや吉岡道場に道場破りをしたために吉岡のお弟子さんたちに恨まれて戦おうとしたり、名目人の清十郎は正々堂々戦いたけど弟子たちが暴走しちゃって困ったり、清十郎は朱実に惚れて手籠めにしたりといろいろなエピソードが過不足なく描かれていたと思います。又八が偶然、佐々木小次郎の免許を手に入れて偽ったりしたりするのもエピソードとして楽しかったです。武蔵がおつうさんと朱実から好かれて大変だったりと罪深い武蔵でした。 

 クライマックスの吉岡一門80人に対して1人で戦う決闘シーンも佐々木小次郎の解説もあって楽しく見ることのできる殺陣でした。 

 けれども、吉岡清十郎の弟の伝七郎とかが登場したと思ったら、あっという間に退場してしまってカットされていてダイジェスト感が強かったです。 

☆☆☆☆

鑑賞日: 2019/01/22 DVD

監督稲垣浩 
劇化北条秀司 
脚色若尾徳平 
稲垣浩 
原作吉川英治 
出演三船敏郎 
鶴田浩二 
堺左千夫 
平田昭彦 
藤木悠 
加東大介 
東野英治郎 
0

コメント

タイトルとURLをコピーしました