映画【ミスミソウ】感想

WOWOW

●こんなお話

 地方の高校生が全員サイコパスな話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログから

●感想

 序盤は主人公がひたすらいじめに遭って、なかなか見ていて辛い描写が多かったです。憎たらしさいっぱいのいじめが続きます。そして主人公の沸点が達する事件が発生してから、バトルロイヤル状態で殺戮が始まってスプラッタ映画として楽しいシーンがいっぱいでした。

 いろんな人体破壊描写がたくさんで笑えました。個人的には先生が雪上車の前に飛び出すくだりが1番好きで、血みどろにいなっても普通に運転する運転手さんがシュールすぎる映像でした。眼球を指されて眼球が膨らむんだと勉強になる映像があったり、ボウガンはしっかり狙わないと大変とか人生の教訓がいっぱい詰まっていました。

 主人公の味方になってくれる男の子も実は…な展開はなかなか急転直下でこれも個人的には楽しく見ることができました。主人公の前にいじめられていた子のプレッシャーに耐えかねての暴走もスプラッタ映画としては珍しい深みのあるキャラクターで応援してしまうものでした。

 若い役者さんたちのお芝居が稚拙だったりするのが日本映画らしいっちゃらしいですが、集中させるのを邪魔するノイズになってしまって、その点が残念な映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日:2020/04/02 WOWOW

監督内藤瑛亮 
脚本唯野未歩子 
原作押切蓮介
出演山田杏奈 
清水尋也 
大谷凜香 
大塚れな 
中田青渚 
紺野彩夏 
櫻愛里紗 
遠藤健慎 
大友一生 
遠藤真人 
玉寄世奈 
森田亜紀 
戸田昌宏 
片岡礼子 
寺田農 
0
タイトルとURLをコピーしました