映画【ロック・オブ・エイジズ】感想

DVDorBD

●こんなお話

 ロックスターを夢見る若者の話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 主演の2人は、田舎から上京してきてスターを目指す若者2人。この2人をメインで追いかけるってわけでもなく。トム・クルーズ演じるカリスマロックスターは真実の愛を知らない、と悩んでる……悩んでるのか? アレック・ボールドウィン演じるライブハウスのオーナーは金策に困るドラマを展開します。キャサリン・ゼダ・ジョーンズはロックを目の敵にして潰してこようとするカタキ役。ポール・ジアマッティは敏腕マネージャーとして動き回る。
 
 主人公2人よりベテラン俳優さんたちのはっちゃけたお芝居が面白くて、そこをメインに楽しむ映画でした。中でも面白かったのは、キャサリン・ゼダ・ジョーンズのハジケっぷりが怖すぎます。後は、アレック・ボールドウィンはゲイの役で、途中にその2人の回想シーンが挿入されますが、そこがなかなかの出来で笑えました。

 お話の方はよくある夢を目指す上京もので新鮮味がなかったです。しかも、主人公2人が仲たがいするきっかけが勘違いというのも。その見せ方も古臭いです。
 そして、勘違いきっかけでマイナスな方向へと物語が展開して、どうやって仲直りするのかと見てたら、たまたま出会って「君はあのときこうだったじゃないか」と話すと「それは違う」とあっさり真相が判明してしまうという。

 ライブハウスが潰れそううんぬんのドラマやロックスターの真実の愛もクライマックスで何故か解決してしまって、よくわからない話でした。それに、80年代のロックを知らないボクにとってはミュージカルシーンでそんなに盛り上がれないのが残念でした。むしろ新鮮に見れたのでそこらへんはよかったと思います。

 とはいえ、みんなで歌ってるのを見てると自然と楽しい気持ちになれる映画でした。

☆☆

鑑賞日: 2013/03/09 Blu-ray

監督アダム・シャンクマン 
脚本ジャスティン・セロー 
クリス・ダリエンソ 
アラン・ローブ 
出演ジュリアン・ハフ 
ディエゴ・ボネータ 
ラッセル・ブランド 
ポール・ジアマッティ 
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 
マリン・アッカーマン 
メアリー・J・ブライジ 
アレック・ボールドウィン 
トム・クルーズ 
0
タイトルとURLをコピーしました