映画【ミッドウェイ(2019)】感想

Midway ☆☆

●こんなお話

 真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦までの半年間の日米両軍の話。

●感想

 さすがのローランド・エメリッヒ監督作品らしいVFX満載の映画でした。

 話はアメリカの偉い人たち現場のパイロットたちや日本の軍人さんたちが群像劇的に描かれていきます。

 ただエンタメ映画として冒頭の真珠湾攻撃やクライマックスのミッドウェイなどの戦闘シーンで盛り上がりたい楽しみたいという映画だと思いますが、肝心のアクションシーンが結構淡々としていて、人がやってるテレビゲームを横で見ているかのような感覚で全く盛り上がらなかったのが痛い130分でした。冒頭の真珠湾攻撃から本来ならド迫力で圧倒されそうなシーンだとは思いますが、やたらと明るいところにCG感いっぱいの炎がいっぱいに広がっていて全く熱そう苦しそうに見えない戦闘シーンでした。ここで主人公たちがファッキンジャップと思うきっかけとなる戦友の死もちゃんと映さず、気づいたらいなくなっていたりして感情移入しにくかったです。

 しかも群像劇なので視点がいろいろ動いていくので、余計に感情移入しにくい構成でした。荒くれ者のパイロットたちとか顔の判別とかも個人的にはしにくい俳優さんの顔でした。空母の離発着が難しいとかあまり見たことない描かれ方があってそこはよかったです。ただそれも映画の後半でいきなり離陸失敗のシーンが挿入されたりして、どういう順番なのかと戸惑う展開でした。東京を空爆するドゥーリトルのくだりも、チャイナに着陸して逃げるとかもそこまで時間をかけて描く必要があったのかと間延びだけのキャラクターだったと思います。ジョン・フォード監督のくだりとかもしかりでした。

 軍人の偉い人たちも何やっているんだろう? 暗号解読の人も日本軍の目標がミッドウェイだと判別するのが偽のメッセージを送ってそれでミッドウェイだとわかる。くらいで終始何もやっていないように見えたり。日本軍もミッドウェイ島を攻撃するのか空母を攻撃するのかとかの流れもわかりにくく、みんながみんな何をやっているのかつかみづらくて退屈でした。

 クライマックスのミッドウェイの戦いも急降下爆撃が何度も描かれて飽きてきて眠くなる戦闘シーンんでした。パイロットたちのミクロな視点ばかり描かれるので、一体米軍と日本軍がどういう戦いをしているのかわかりにくいのも眠気を誘引する要素だと思いました。

 ちょっと豪華キャストが揃っていて画面が華やかで日米両軍の息詰まる攻防とかを期待してたけれど。淡々と事務作業的にすべてが終わっていく映画で残念でした。

☆☆

鑑賞日:2020/09/16 TOHOシネマズ川崎

監督ローランド・エメリッヒ 
脚本ウェス・トゥーク 
出演エド・スクレイン 
ルーク・クラインタンク 
ウディ・ハレルソン 
デニス・クエイド 
パトリック・ウィルソン 
豊川悦司 
浅野忠信 
國村隼 
アーロン・エッカート 
ルーク・エヴァンス 
0
タイトルとURLをコピーしました