映画【マッキー】感想(ネタバレ)

Makkhi
スポンサーリンク

●こんなお話

 主人公とヒロインがいい感じになったところを邪魔しようとして主人公を殺したらハエとして復活してリベンジする話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 子どもに読み聞かせ的に話をするところから始まって、射撃をしている富豪の社長さんがいて女好きなのが紹介される。

 ヒロインは装飾品を作っていたりNGO活動をしている。主人公はヒロインの事が好きで夜な夜な隣のビルの屋上からヒロインにアプローチを2年だか続けていてヒロインもまんざらではない様子。

 ヒロインがカタキ役の元を訪れてNGO活動の支援をお願いするとひとめぼれするカタキ役が何としてもヒロインを落とそうと決意。食事に誘ったりするけれどヒロインの気持ちが主人公にあると知ったカタキ役。

 ヒロインがやっと主人公に告白をしたと思った瞬間にカタキ役に拉致されて殺されてしまう。ハエの卵からハエが誕生して人間の巨大な足に踏まれそうになったり他の動物に追いかけられたりハエの世界が見られます。ハエとなった主人公がヒロインのもとに行ったりカタキ役のもとに行ったり。

 悲しみに暮れるヒロインに優しく声をかけるカタキ役に対して耳の中に入ったりして邪魔をする主人公。空港へ向かうカタキ役を追いかけて邪魔をして交通事故まで起こして重傷を負うカタキ役。カタキ役はハエに殺されると周りに訴えて不気味がられる。

 ヒロインに一時殺虫剤で殺されかけるけど、主人公はヒロインのまえで主人公だとメッセージを送ってハエが主人公だと気づくヒロイン。ハエがトレーニングしたりヒロインがハエのマスクを作ってあげたりして協力体制でカタキ役に挑む。

 大事な会議を邪魔されたり金庫の大金が燃えたりしていよいよ追い詰められて魔術師に頼んで鳥を操って主人公を追いかけるけど返り討ちに遭う。

 ヒロインが主人公に協力していると知ったカタキ役はヒロインを脅迫して主人公を呼び寄せ羽を斬り落としたり針で突き刺してピンチになるけど、自ら炎に包まれてカタキ役の部屋に飾ってあった銃の中に入って銃を暴発させてカタキ役もろとも部屋が大爆発。

 ヒロインがバイクに乗ってるところにお兄ちゃんが声をかけるとハエが襲ってきて事故を起こす。ヒズバックとなっておしまい。

 中盤からハエとなった主人公とカタキ役の戦いはCGの世界とカタキ役が1人で暴れるという構図でカタキ役の役者さんの1人芝居の熱演が凄いです。そして主人公はサウナに閉じ込めたり交通事故を起こしたりして殺人を起こそうとするのがコメディだけどホラーな展開が笑えました。

 なかなかのぶっ飛んだ設定が楽しいですが、歌のシーンとかはメッセージが映像とそのままなので求愛の歌とか結構退屈に感じる1本でした。

☆☆☆

鑑賞日:2022/12/02 Amazonプライム・ビデオ

監督S・S・ラージャマウリ 
脚本S・S・ラージャマウリ 
出演スディープ 
サマンサ・プラブー 
ナニ 
タイトルとURLをコピーしました