映画【大日本帝国】感想

DVDorBD

●こんなお話

 第二次大戦を背景にした話。

●感想

 アメリカとの関係が冷え込む中、東条英機が首相に就任するところから始まります。天皇の意思をくみ、戦争回避をしようとするけどハルノートを突きつけられ一気に戦争へと突入していく。
 東条英機が天皇に申し訳ないと1人涙したりするのが印象的でした。アメリカが先に攻撃させようと日本の暗号を解読して、アメリカが参戦の口実を作ってるのもちょこっと描かれたり。

 天皇の戦争責任なんかもほとんどの登場人物の台詞で何かしら出てきたり、サイパン島の戦いでの玉砕の異様さなんかも凄かったです。
 政治的なマクロ的な視点と同時に一市民として陸軍少尉。床屋の青年とその奥さん。大学生の青年とその恋人などが戦争にどう巻き込まれて変化していくのかが描かれます。
 
 ひたすら戦場の悲惨さが描かれていきます。特に南方戦線の激戦。
 死んだフリをした敵兵にだまし討ちされて死んだり。現地人をタテに逃亡する英国軍、中国人が相手と知り「アングロサクソンから解放するために戦ってるのではないのか」と自分たちの戦いが何なのかとなったり。米兵に凌辱されることを怖れて手榴弾で自決する民間人。洞窟で威張り散らす軍人。協力的だった現地人を証拠隠滅のために射殺したり。
 民間人も兵隊も見境なく殺されていきます。

 ただ戦争が始まってから東京裁判までを一気に流れてダイジェスト感がいなめないのと。どうしても仕方ないですが、主人公と言える人がいなくて場面場面で展開はしますがちょっと長く感じてしまいます。
 役者さんたちの熱演が凄いパワーの映画でした。

☆☆☆

鑑賞日: 2010/09/24 DVD

監督舛田利雄 
脚本笠原和夫 
出演丹波哲郎 
仲谷昇 
高橋昌也 
織本順吉 
田村高廣 
浜田寅彦 
原田清人 
山本清 
清水照夫 
三浦友和 
あおい輝彦 
西郷輝彦 
篠田三郎 
梅宮辰夫 
大和田伸也 
湯原昌幸 
佐藤允 
川地民夫 
小倉一郎 
関根恵子 
夏目雅子 
佳那晃子 
愛川欽也 
高沢順子 
稲野和子 
石井富子 
三鈴栄子 
有明祥子 
山田光一 
垂水悟郎 
桑山正一 
河原崎次郎 
若山富三郎 
ナレーション内田稔 
0
タイトルとURLをコピーしました