映画【前田建設ファンタジー営業部】感想

maeda WOWOW

●こんなお話

 マジンガーZの格納庫を本当に作ったらどうなるのかの見積もりとか設計図を本気で考える部署の人たちの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 ありえないことや誰もが不可能だということを本気で考え抜く人たちが努力してしだいに周囲からも認められ評価されるという映画としての面白さが得られる作品でした。

 冒頭から上司が空想科学からの発注を受けたとしてという意味のない企画をものすごい熱量で語り、部下たちが渋々ついていく。そもそもの発端であるこの上司の考えが凄いです。

 そして1人はマジンガーZが好きなので最初からやる気ある感じですが、残りのメンバーは全くもってやる気がない。彼らが1人また1人とやる気を出して仕事にやりがいを感じていく。その過程で日本のダム建設や掘削作業のプロジェクトX的な技術力の紹介もありつつ、アニメのマジンガーℤを見ながら見積もりを出していく。自分たちだけでわからないところは他の会社にアドバイスをもらっていく。

 最初は反対だったけど、だんだんとやる気になっていく変化の面白さもあり。マジンガーℤの格納庫を作ったらとその大きさや各装置装備の説明も楽しいです。

 ただ本当に作るわけでもないので、そこの場面はどうしても空想のシーンでの見せ場になったり。クライマックスがこの営業部が話題になってサーバーがダウンするというものがものすごく地味なので、さらりとオチに向かっていってしまう構成なのが残念でした。

 とはいえ、本当にこういうことを考える会社があるというのが凄いと認識できる映画でした。

☆☆☆

鑑賞日:2021/06/04 WOWOW

監督英勉 
脚本上田誠 
原作前田建設工業株式会社 
永井豪 
出演高杉真宙 
小木博明 
上地雄輔 
本多力 
岸井ゆきの 
町田啓太 
六角精児 
山田純大 
鈴木拓 
水上剣 
高橋努 
濱田マリ 
鶴見辰吾 
永井豪 
0
タイトルとURLをコピーしました