映画【リーサル・ウェポン4】感想

DVDorBD

●こんなお話

 中国の犯罪組織に挑むリッグスとマータフの話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 冒頭の完全武装した男との銃撃戦からド迫力で、コメディに振り切った主人公たちのやりとりも笑えます。
 中国の難民をマータフが助けちゃったことをきっかけに犯罪組織のやりとりに巻き込まれていく主人公。今作は事件の捜査よりこの映画の完成された人間関係を楽しむもので、主人公2人のバディものとしての面白さ。ジョー・ペシとのやりとりの面白さ、それぞれが父親になる気持ちおじいちゃんになる気持ちの悩みであったり。できちゃった結婚してしまった娘の彼氏がわからないままのマータフなんか面白かったです。

 キャラクターの面白さで推し進めた結果、事件解決を転がすのは主人公たちじゃないのがズッコケてしまいそうになりました。黒い車を追ってカーチェイスしますが、たくさんある黒い車をどうやって見つけるのかと思いきや勘という。中国組織のことを調べるのは中国系の刑事さんで主人公たちは「どこに行けばいい?」と質問するだけ。そして場所を聞いて、クライマックスの港まで行っちゃうという。あの中国系の刑事さんがいなかったら解決してなかったという。

 とはいえ、カタキ役のジェット・リーカッコいいし。「家族でーす」で終わるエンディングもシリーズ集大成で暖かい気持ちになれる映画でした。

☆☆☆☆

鑑賞日: 2014/12/26 Blu-ray

監督リチャード・ドナー 
脚本チャニング・ギブソン
出演メル・ギブソン 
ダニー・グローヴァー 
ジョー・ペシ 
レネ・ルッソ 
クリス・ロック 
ジェット・リー 
0
タイトルとURLをコピーしました