映画【空白】感想

kuhaku☆☆☆
スポンサーリンク

●こんなお話

 交通事故をきっかけに関係者全員が涙する話。

 詳しいあらすじ解説はMIHOシネマさんの映画ブログにて

●感想

 荒くれ者の漁師さんの娘がスーパーの店長に万引きしたかしていないのか観客にはわからない状態で逃走のときに交通事故死してしまい、被害者のお父さんお母さん、追いかけた店長やそこの店員さんたちや車で轢いてしまった加害者などが全員落ち込んでいく。

 役者さんのパワーに圧倒されて、特にあることをきっかけに涙したり涙しながら主人公に対して謝罪する片岡礼子さんとかは登場シーンすべてて感情を爆発させるのとか凄いです。主人公の古田新太さんも他の作品ではコメディだったり舞台でのチャンバラだったり、どちらかというと陽性のイメージが強いですが。バイオレントで口も悪く人間失格な男で古田新太さんのアップをスクリーンで見るというのも新鮮で、日本映画ではイケメンとかしか出てこないイメージですがこういうキャラクターが主人公というのも面白く見ることができました。

 勧善懲悪ものではなく、登場人物ほぼ全員が人を傷つけ傷つけられていくというところで見ている側の気持ちの持っていきかたが難しい中、単純に子供を亡くした親目線でただただ苦しい100分間でした。前半は登場人物たちの日常と事故をきっかけに落胆や怒りや戸惑いなどが、どちらかというと淡々と描かれて行きます。そこがちょっと退屈に感じました。ただ、そこの日常が続く描いている分、主人公がある自殺をきっかけにしだいに変わっていく。そこらへんから少し希望が見えたり、一方の店長側はひたすら事故を受け止めて耐えがたきを耐えて壊れていく。ここらへんの流れもただただ辛くてへこむ地獄でした。事故が起こっての学校の美術の先生とかも校長とのやりとりも人生を生き抜くストレスが凄くてよかったです。寺島しのぶさんもわかりやすく押しの強いキャラクターとして面白く、良かれと思ってやっているけれど…、なかなか痛くて最後の最後で自分もそこの部分に落ち込むというのも面白く見れました。

 主人公が変わったということがわかるのが絵を書くというのが、この主人公の考え方の浅はかさでよかったですが。絵を書くというのはステレオタイプすぎるのではないかと感じてしまって、ラストのラストで娘の絵が…というのも、狙いすぎなのではないかなぁと引いてしまったりしました。主人公を慕う若者の漁師さんも、かなりのブラック上司だと思いますが、なぜそこまで慕うのだろうかという気持ちで見てました。トラック運転手も最初の取り調べでしか登場せず、最初にぶつかったドライバーさんよりもトラックのほうに過失があるのではないかと感じてしまいました。

 とはいえ、交通事故シーンはなかなかのショッキングさで、人間がトラックの車体の下に入って…というシーンは見たことないものでフレッシュな交通事故が見られる映画でした。  

☆☆☆

鑑賞日:2021/10/27 角川シネマ有楽町

監督吉田恵輔 
脚本吉田恵輔 
エグゼクティブプロデューサー河村光庸 
出演古田新太 
松坂桃李 
田畑智子 
藤原季節 
趣里 
伊東蒼 
片岡礼子 
寺島しのぶ 
タイトルとURLをコピーしました